スポンサーリンク

犯人は誰だ!手軽にできるボードゲーム、「犯人は踊る」レビュー


ルールは非常に簡単ですが、つい何度でも遊びたくなってしまいたくなるような、手軽なゲーム、「犯人は踊る」のレビューをしていきたいと思います。

まさに犯人が踊るように犯人が移動していくゲームです。イラストが可愛らしいのも魅力的です。

基本情報

プレイ人数:3~8人

プレイ時間:約20分以内

対象年齢:8歳以上

ゲームデザイン:鍋野ぺす

イラスト:鍋野たま

「犯人は踊る」はどんなゲーム?

「犯人は踊る」はカードゲームで、ババ抜きに近いゲームです。

ある日、事件が起きました。犯人はこの場所に集まったこの中にいます。

配られたカードを駆使して、探偵が犯人を突き止める事がゲームの目的です。逆に犯人は、他の人に見つからないように逃げ切ることが目的となります。

ゲーム進行について

ゲームの準備

まず最初にプレイヤー人数に合わせた規定の枚数を準備し、シャッフルします。

シャッフルした後は、裏向きにして1人4枚のカードを配布します。

ゲームの進行

ゲームは「第一発見者」というカードを手に持っている人からスタートします。

「第一発見者」カードを持っている人は、「第一発見者」カードを場に出します。

その後は時計回りに順番が回ります。

自分の手番が来たら、手札の中からカードを1枚選び、場に出します。

次に場に出したカードのアクションを行います。

アクションの内容はカードの下の部分に記載されています。

アクションを実行し終わったら、次の人の手番となります。

これを繰り返して、ゲームは進行します。

ゲームの勝敗

ゲームの勝敗は大きく分けて2つのパターンがあります。

犯人が見つかる場合

犯人が見つかるパターンは2つあります。

①「探偵」カードで犯人を当てる

犯人が見つかると「犯人」カードを所持していたプレイヤーの負けとなります。

犯人を見つけるには「探偵」カードを使用しなければなりません。

「探偵」カードは手札が3枚以下の時にだけ使用できます。

「探偵」カードを出したプレイヤーは「犯人」カードを持っているプレイヤーを予想して、指名します。見事探偵の予想が当たっていて、指名されたプレイヤーが「犯人」カードを所持していたら探偵の勝利です。この場合は犯人カードを所持していたプレイヤーの1人負けとなります。

②「いぬ」カードで犯人カードを捨てさせる

「いぬ」カードというカードがあります。

「いぬ」カードは場に出すと、他のプレイヤーを1人指名し、手札を1枚捨てさせます。その後に「いぬ」カードを指名したプレイヤーの手札に加えます。

この時に、捨てられたカードが「犯人」カードだった場合、「いぬ」カードを使用したプレイヤーが勝利します。

犯人が勝つ場合とその他

①「犯人」カードを出す

「犯人」カードは手札が1枚、つまり、全てのカードを出し終えた後でないと場に出せません。最後の1枚である「犯人」カードを場に出したら、犯人が逃げ切ったということで、「犯人」カードを場に出したプレイヤーの勝利となります。

②「たくらみ」カードを出して犯人と共に勝つ

「たくらみ」カードのアクションは、犯人が勝つと、自動的に「たくらみ」カードを出したプレイヤーも勝利できます。犯人の1人勝ちに乗っかり、自分も勝つことができます。

感想:ワイワイ楽しめるゲーム

このゲームはルールが簡単で、プレイ時間も長くはかからないのですが、思わず何度もやりたくなってしまうようなゲームとなっています。

運悪く犯人が一発で当たってしまうことや、「犯人」カードを渡された後に、いきなり「探偵」カードを使用されるなど、理不尽すぎることもしばしばあります。

しかし、それが以外で爆笑を引き起こしたりすることが多いので、負けると「もう一回!」とつい言ってしまいたくなります。

8人まで遊べるので、大人数でワイワイしたい時にはうってつけのゲームだと思います。

最新版では、新しいアクションカードも追加されおり、グレードアップしています。

まとめ

「犯人は踊る」は簡単で手軽なゲームですが、つい何度もやりたくなるような、中毒性の強いゲームだと思います。イラストが馴染みやすく、ゆるい感じなところもいいところだなぁと思いました。ゲームタイトルも魅力的です。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする