スポンサーリンク

論理滾るボードゲーム「タギロン」レビュー!

Pocket

「タギロン」は論理的思考力をフル活用するボードゲームです。様々な質問から、伏せられた数字の種類を予測していきます。相手よりも早く正確に数字を論理的に予測しましょう!

頭の体操にもなる、ハードな頭脳戦ゲームです。あなたの論理力を滾らせてください!

基本情報

プレイ人数:2人〜4人

プレイ時間:15分

対象年齢:10歳以上

ゲームデザイナー:倉橋良平氏

「タギロン」はどんなゲーム?

「タギロン」は数字のタイルを扱った、論理的なボードゲームです。

様々な質問をして、伏せられているタイルの数字や色を予測していきます。基本的にはすべてのタイルを予測して、当てなければなりません。

運要素の少ない論理的なゲームとなっています。ゲーム中はメモを取ることもできるので、頭をフル回転させて、正解のタイルを言い当ててください。

ゲームの遊び方

ゲームの目的は、相手の数字タイル5枚の「数字・色・位置」などを完全に言い当てることです。また、ゲームは2人プレイと3人プレイ、4人プレイでやり方が変わります。

ここでは2人用の遊び方と、3人用の遊び方、4人用の遊び方と、それぞれ別に解説していきますね。

*ゲーム中はメモを取ることができます。紙とペンでも良いですが、専用のアプリもありますので、よろしければご活用ください。↓

https://jellyjellycafe.com/tagiron/

■2人プレイ

ゲームの準備

  • 裏の数字タイルをよく混ぜ、各プレイヤーは5枚ずつ受け取る。残ったタイルはそのまま裏にしてよけておきましょう。
  • ついたてを各自1枚ずつ受け取り、自分のタイルが他のプレイヤーに見えないように設置する。
  • 自分の数字タイルの表を確認する。
  • 数字タイルの数字が、小さいものから左に並べる。そして、同じ数字の場合は赤を左、青を右に並べる。
  • 質問カードを裏にして混ぜ、上から6枚を表に返して中央に設置します。残りは山札として端に置いてください。
  • 適当な方法で先攻・後攻を決めてください。

以上でゲームの準備は終了です。

*ちなみに数字のタイルは「0」〜「9」が赤と青で1枚ずつ。「5」のみ黄色1枚となっています。この内訳はゲーム中、推理で役立つので覚えておきましょう。

ゲームの手順

  • 先攻プレイヤーは、場にある6枚の質問カードから1枚を選びます。そして選んだカードに記載された質問を相手プレイヤーに行います。
  • 質問された後攻プレイヤーは、正直にその質問に答えてください。(嘘はいけません!)
  • 使ったカードは端に除けてください。その後、山札から新しい質問カードを場に1枚補充します。(つまり、場には6枚の質問カードが常にあります)
  • 次の人に手番を渡します。

以上の流れを繰り返していきます。すると、段々と相手の数字タイルの内容がわかってきます。相手よりも早く、相手のタイルの数字・色・位置を把握してください。

宣言について

相手のタイルの内訳が分かったら、自分の手番で質問する代わりに「宣言」を行うことができます。宣言を行ったら、相手のタイルを小さい数字の順番で宣言してください。(例:赤の0、青の0、黄の5、赤の6、青の6。など)

宣言されたプレイヤーは、自分の数字タイルと照らし合わせて、完全に宣言が合っていたら「正解」と伝えましょう。1つでも間違っていた場合は「違います」と答えてください。合っているか間違っているかだけ答えましょう。

正解したら、その時点で正解したプレイヤーの勝利となります。

*ちなみに宣言をしたプレイヤーは、この手番中は質問をすることができません。そのまま相手の手番になります。次の自分の手番にまた宣言をすることは可能です。

その他のルール

・先攻プレイヤーが正解した場合

→この時に限り、後攻プレイヤーも一度だけ宣言を行うことができます。どちらも宣言に成功した場合は、引き分けとなります。

・質問カードの山札がなくなった場合

→新たに山札を補充することはありません。全てのカードを使い切っても正解がでない場合は、引き分けとなります。

■3人プレイ

3人プレイでは、場に伏せてある数字タイル5枚の「数字・色」を完璧に言い当てます。しかし、宣言は「1人1回」しかできません。

ゲームの準備

基本的には2人プレイ時と同じになります。2人プレイ時の「ゲームの準備」を参照にして下さい。2人プレイ時と違う点は以下の通りです。

  • 数字タイルをよく混ぜ、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
  • 残ったタイル5枚を中央に伏せる。(このタイルを当てるのが3人プレイ時の目的です)

ゲームの手順

基本的には2人プレイ時と同じように、自分の手番になったら場にある6枚のカードの中から1枚を選んで他のプレイヤーに質問を行います。

  • ゲームは手番の人から時計回りに進行していきます。
  • 質問をする相手は誰でもOKです。

宣言について

宣言は2人プレイと同じように、3人プレイ時の宣言は、自分の手番でなくても行うことができます。つまり、相手の手番でも宣言を行うことができます。

しかし、3人プレイ時の宣言では、1人1回しか宣言のチャンスはありません。

宣言を行ったら、宣言を行ったプレイヤーが場に伏せてあるタイルを確認してください。そして自分で正解か不正解を宣言します。

正解ならそのまま勝利でゲーム終了ですが、不正解ならその時点で脱落。

確認した伏せタイルはそのままで、他のプレイヤーには公開してはいけません。

*脱落したプレイヤーは、宣言をすることはできませんが、他のプレイヤーに質問されたら答えなければなりません。2位が決まるか、全プレイヤーが脱落したらゲーム終了です。

■4人プレイ

4人プレイ時の目的は、場に伏せてある「4枚」の数字タイルの「数字」と「色」を完璧に言い当てるのが目的です。また、3人プレイと同じように宣言は1人1回です。

準備

4人プレイでは、質問カードの内以下の2枚のカードを除外します。

  • 「中央の3枚の数の合計は?」
  • 「共有情報カード」中央の数字タイルは5以上?4以下?

ゲームの進行

ゲームは先番プレイヤーから時計回り順に行います。全ての質問カードは「共有情報カード」として扱い、質問者を含む全員が常に回答してください。(共有情報カードは、2人・3人プレイでもプレイヤーが全員答えなければならないカードです。)

宣言について

3人プレイと同じように、自分の手番でなくても宣言は行えます。宣言をしたら自分自身で、場に伏せてあるタイルを確認して、正解か不正解かを宣言してください。正解だったら、その場であなたの勝利です。

その他も3人プレイと同じルールなので、3人プレイ時の項目を参照にして下さい。

感想:頭を鍛えるには最適の論理的なゲーム!

シンプルなボードゲームですが、非常に頭を使うゲームです。元々2人用のゲームでしたが、3人、4人にも対応するようになりました。

似たような数字を扱う論理ゲームでは、アレックス・ランドルフが手掛けた「ドメモ」に似ているなと思いました。しかし、論理性の高さは「タギロン」の方が強いかなと思います。

「ドメモ」よりも運要素が少ないので、かなりガチガチの論理ゲームです。メモが取れるので、かなり接戦になると思います。質問による運もなくなないですが、基本的には論理性の方が強いでしょう。

実際に遊んでみると、思ってた以上にワイワイ楽しく遊ぶことができます。メモが取れることがでかいですね。逆にメモがないと途端にゲーム難易度が跳ね上がりますが(笑)

ゲーム中は頭をフル回転です。特に3人、4人プレイだと誰が誰に質問したのかも整理する必要があるので、かなり頭を使うと思います。しかも、宣言は1回限りなので緊張感もあります。

非常にシンプルな故に、値段もお手頃です。子供とも遊べますし、案外ファミリー向けのゲームであるとも思います。そして論理系のゲームとしては、非常に完成度の高いゲームでしょう。これといった欠点が見当たりません。

推理・論理的なゲームを遊びたい人には迷わず買って良いゲームだと思います。

まとめ

「タギロン」はシンプルながらも、完成度の高い論理ゲームでした。

ガチガチな論理ゲームとは言っても、家族で遊べるほどのゲーム内容ですし、誰でも楽しむことができるボードゲームだと思います。

頭を使うゲームがやりたい人にとっては、かなりお手軽に楽しむことができるボードゲームでしょう。ぜひ、「タギロン」を手にとって遊んでみてください。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする