スポンサーリンク

完成度の高い人狼系ボードゲーム「アヴァロン:レジスタンス」レビュー!

Pocket

アヴァロンでは正義と悪の勢力が蠢いています。

プレイヤーはアーサー王の忠実な下僕となって正義のために戦うか、不義の息子であるモードレットと手を組んで邪悪な闇に手を貸してしまうのか。

魔術師マーリンはアーサー王の裏切りを唯一知っていますが、もし正体がバレてしまったらたちまち暗殺されてしまうでしょう。この混沌とした情勢で、あなたはどう振る舞いますか?

基本情報

プレイ人数:5人〜10人

プレイ時間:約30分

対象年齢:13歳以上

ゲームデザイナー:ドン・エスクリッジ

「アヴァロン:レジスタンス」はどんなゲーム?

有名なアーサ王伝説に基づいた、正体隠匿系のボードゲームです。

所謂、人狼系のボードゲームになりますが、脱落者が存在せず司会進行役も存在しないゲームシステムが魅力的なゲームとなっています。

姉妹品として「レジスタンス」がありますが、「アヴァロン:レジスタンス」は単体として遊ぶことができます。「レジスタンス」も組み合わせて遊べますので、遊びの幅は広いです。

人狼系のゲームが好きな人にはおすすめのボードゲームですね。

ゲームの遊び方

ゲームの準備

  • 参加するプレイヤー人数に対応するゲームボードを中央に設置する。
  • 得点マーカー、チームトークン、クエストカードをボード脇にまとめておく。
  • ラウンドマーカーをゲームボードの「第一クエスト」に設置する。
  • 各プレイヤーに投票トークンを2個セットで渡す。
  • 適当な方法でリーダーを1人決める。プレイヤー参加者の人数に合わせて、「正義」と「邪悪」のプレイヤー人数を確認する。
  • プレイヤー人数に合わせたキャラクターカードを合わせてシャッフルし、各プレイヤーに1枚ずつ配布する。(【正義】→1枚は「マーリン」、それ以外は「アーサーの忠実なる家来」、【邪悪】→1枚は「暗殺者」、それ以外は「モードレッドの手下」)
  • 各プレイヤーは、他のプレイヤーにばれないように、自分のキャラクターカードを確認する。
  • 「邪悪」側となったプレイヤーは、すべての邪悪のプレイヤーを確認します。この時マーリンはすべての邪悪プレイヤーを知ります。

以上となります。邪悪側のプレイヤーは以下の記載しときますね。

*邪悪側を確認する方法

  • 「全プレイヤーは目を閉じ、自分の手を握り拳にして前に差し出す」
  • 「邪悪側のプレイヤーは目を開き、周囲を確認して邪悪側のプレイヤーを確認する」
  • 「邪悪側のプレイヤーは目を閉じる」
  • 「邪悪側のプレイヤーは親指を立てる」
  • 「マーリンは目を開き、邪悪側プレイヤーを把握する」
  • 「邪悪側プレイヤーは親指を戻し、マーリンは目を閉じる」
  • 「全プレイヤーが目を開く」

以上となります。

ゲームの流れ

ゲームの流れを簡単に記載します。ゲームは何回のラウンドで行われ、大きくわけて2つのフェイズで構成されています。各フェイズについては、後ほど詳しく解説しますね。

ラウンドの構成

  1. 「編成フェイズ」
  2. 「クエストフェイズ」

以上となります。

ゲームの目的はクエストが3回成功するか、3回失敗するかです。成功の場合は「正義」、失敗の場合は「邪悪」の勝利となります。こちらも後ほど、詳しく解説します。

①「編成フェイズ」

プレイヤー間で議論を行った後、リーダーが「クエストフェイズ」を行うチームを編成します。チームを編成したら、チームを承認し、投票を行ってクエストフェイズに進みます。

(過半数以上の投票で決定しなかったら、リーダーを変更して改めてチームを編成します。チーム編成は全員の承認が得られるまで続きます。)

・チームの割り当て

リーダーはプレイヤー人数に合わせた指定数のチームトークンを確保し、任意のプレイヤーに割り当てます。これがチームメンバーの選択です。

チームトークンは、1人のプレイヤーに1個です。リーダーがチームに参加しなくても構いません。

・チーム投票

議論しつつリーダーがチーム編成を終了させた後、チームの承認を得るために投票を行います。

リーダーを含む全てのプレイヤーは、他の人にばれないように投票トークンを1枚選んでください。全プレイヤーが準備できたら、リーダーの号令で一斉に投票トークンを公開します。

すべての投票トークンを表向きにし、全員の投票結果を確認してください。

これで過半数(同人数は却下)の承認があった場合、チームが決定します。決定したら「クエストフェイズ」に移行してください。

もし、チームが却下されたら、時計回り順でリーダーの役を交代し、チーム編成をやり直します。これをチームが承認できるまで繰り返してください。

*1ラウンドで5回チーム編成が却下されたら、その時点で「邪悪」側が勝利します。

②「クエストフェイズ」

まずリーダーがチームメンバーに2枚1組で「クエストカード」を配ります。

クエストに参加するプレイヤーは、配られたクエストカードから1枚を選び、裏向きで自分の前にセットしてください。リーダーは出されたカードを回収してシャッフルします。その後カードを公開してください。

公開されたカードがすべて成功だった場合のみ、クエスト成功となります。1枚でも失敗があったら失敗です。

*7人以上のゲームにおける第4クエストでは、失敗となるには2枚以上のクエストカードが必要です。

クエスト終了後

クエストが成功した場合、ゲームボードに青い得点マーカーを置いてください。クエストが失敗した場合は、ボードに赤い得点マーカー置いてください。

クエストが終了したら、ラウンドマーカーをゲームボード上の次のスペースに進めます。その後リーダーの権利を左側の人間に移して、次のラウンドのチーム編成を始めましょう。

ゲームの終了

ゲームはクエストが3回成功したら、「正義」が勝利します。

反対に3回失敗したら、「邪悪」が勝利です。

また、1回のラウンド内のチーム編成において、5回投票が失敗した場合も「邪悪」が勝利となります。

マーリンの暗殺について

クエストが3回成功して「正義」の勝利になる時、ここで「邪悪」には最後のチャンスが与えられます。それが「マーリン」の暗殺です。

「邪悪」側は自分のキャラクターカードを公開せずに議論を行い、誰がマーリン役なのかを推測します。そして最終的にプレイヤーの1人をマーリンだ、と指名してください。

指名したプレイヤーがマーリンだったら暗殺成功。「邪悪」側の逆転勝利となります。逆に指名したプレイヤーがマーリンでない場合は、当然「正義」側の勝利です。

選択ルールについて

選択ルールでは特殊能力をもつ新たなキャラクター4人を追加することができます。

追加キャラクターは、好きに組み合わせてゲームに導入して構いません。(ゲーム難易度の調整にはご注意!)

おすすめは1回のゲームに1枚だけ足してみることです。ゲームに慣れてきたら、ぜひ導入してみてください。

・パーシヴァル

「正義」側のカードです。

能力はゲームの開始時に誰がマーリンであるかを知っていることとなります。

ゲーム参加者が5人以上で、パーシヴァルをゲームに導入する場合は、モードレッドかモルガナも加えてください。

・モードレッド

「邪悪」側のカードです。

能力はゲーム開始時にモードレッドの正体がマーリンに分からないことです。

・オベロン

「邪悪」側のカードです。

オベロンはゲーム開始時に、自身の正体を他の「邪悪」側プレイヤーに知られていないことです。しかしオベロン自身も他の「邪悪」側のプレイヤーを知りません。

実は「正義」側がより強くなるカードになります。

・モルガナ

「邪悪」側のカードです。能力はモルナガがマーリンにように見えることです。

これは「邪悪」側が強くなるカードになります。

以上が追加のキャラクターカードですが、ゲーム準備時の「邪悪」側確認の際に、手順が若干変更になります。その確認方法の修正版を以下に記載します。

加えたキャラクターに応じて、適応させてください。

  • 「全プレイヤーは目を閉じ、自分の手を握り拳にして前に差し出す」
  • 「邪悪側のプレイヤーは目を開き、周囲を確認して邪悪側のプレイヤーを確認する」
  • 「邪悪側のプレイヤーは目を閉じる」
  • 「邪悪側のプレイヤーは親指を立てる」
  • 「マーリンは目を開き、邪悪側プレイヤーを把握する」
  • 「邪悪側プレイヤーは親指を戻し、マーリンは目を閉じる」
  • 「全プレイヤーが目を開く」

以下、追加分になります。

  • マーリンとモルガナは親指を立てる。
  • パーシヴァルは目を開け、マーリンとモルガナを確認する。(マーリンとモルガナは判別不可能)
  • マーリンとモルガナは手を元の状態に戻す。
  • パーシヴァルは目を閉じる
  • 全プレイヤーは目を閉じ、自分の手を握り拳にする。
  • 全プレイヤーは目を開ける

感想:人狼系が苦手な人でも楽しめるボードゲーム!

人狼系ボードゲームは、よく脱落するとやることがない。苦手な人はとことん苦手。などよく欠点が指摘されることがありました。

しかし、この「レジスタンス:アヴァロン」ではそういった欠点を克服したゲームデザインとなっています。

まず脱落して待ちぼうけになる場面がないので、退屈せずに済むのは初心者にとって大きいと思います。他にも投票システムのおかげで、自分の意志を反映させやすいというのも良いですね。

実際に遊ぶとマーリン役が非常に苦しかったです。邪悪側のプレイヤーを知っているとはいえ、暗殺されたら一発で負けるので、おおっぴらに反対ができません。できることといえば、ちょっと議論で誘導したり、投票で反対を投げるくらいしかできません。

しかし、非常に正義側にとって重要な役割であるので、正体を隠しつつうまく味方を導かなくてはなりません。以上のことから、マーリン役は中々難しい役だと思いました。

後は単純に遊びやすく、ゲーム自体の完成度も高いので、人狼系が苦手な人でも十分に楽しめるゲーム内容になっていると思います。コンポーネントも中世なので、おしゃれでかっこいいです。ゲームサイズも小さいので、気軽に遊べると思います。

まとめ

「アヴァロン:レジスタンス」は、人狼系が苦手な人でも遊びやすく、人狼の欠点部分を克服したカジュアルなボードゲームでした。

議論と推理、心理戦がメインのゲームですが、非常にとっかかりやすいゲームだと思います。

ぜひ人狼系を遊んでみたいという方は、「アヴァロン:レジスタンス」を手にとって遊んでみてください。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

似たような趣味の方が登録しているので、他サービスよりも遥かに高い確率で相性の良い方と出会うことができます。

初期費用がオール0円に加え、気になった人とのお見合いを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。
また、成婚時は『成婚祝金』も貰えます!

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする