スポンサーリンク

「しりとり」をより面白くしたボードゲーム!「ワードバスケット」レビュー

Pocket

「しりとり」は日本人なら誰でも知っているゲームだと思います。

今回ご紹介する「ワードバスケット」は、そんな「しりとり」を題材にし、工夫を加えたボードゲームです。普通の「しりとり」よりも、よりボキャブラリーやスピード感が重要となっています。

「しりとり」という誰でも知っているゲームを題材にしているので、非常に遊びやすいゲームです。しかし、思っていたよりも頭を悩ますゲームかもしれません。ぜひ挑戦してみて下さい。

基本情報

プレイ人数:2人〜8人

プレイ時間:約10分

対象年齢:10歳以上

ゲームデザイナー:小林俊雄

「ワードバスケット」はどんなゲーム?

「ワードバスケット」は「しりとり」を題材にし、カードを使用したボードゲームです。

誰もが知っている「しりとり」を簡単なボードゲームへと変化させたかのようなゲームとなっております。ルール自体は普通の「しりとり」をベースにしているので、非常にわかりやすいです。

そのため、小さなお子さんでも十分に楽しめるゲーム内容となっています。みんなでワイワイ遊ぶような感じのゲームなので、気軽に楽しめるゲームです。

ゲームの遊び方

ゲームの準備

  • 中央にカードが入っていたゲームの箱を設置する。これをバスケットと呼びます。
  • 合計60枚のカードをよくシャッフルして、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
  • 残りのカードを山札として裏向きのままバスケットの隣に置きます。

以上でゲームの準備は終了です。

ゲームの流れ

誰かが山札の一番上のカードを引いて、バスケットの中に入れてください。

以降はプレイヤー間で手番などはなく、早いもの勝ちのしりとり勝負となります。

以降の流れについて解説していきますね。

①手札のカードを出す

各プレイヤーは、バスケットの中にあるカードの文字で始まり、自分の持っているカードの文字で終わる単語を考えて下さい。

単語を思いついたプレイヤーは、単語を大きな声で言い、対応する自分のカードをバスケットの中に入れます。

例:バスケットの中に「た」の文字カードがあり、自分の手札に「こ」のカードがあるとします。この場合、「たいこ」と言って、手札の「こ」のカードをバスケットの中に入れることができます。また、「い」のカードが自分の手札にある場合、「たらい」と言って、「い」のカードをバスケットの中にいれることも可能です。これがしりとりの要素になりますね。

②新たな場のカード

①「手札のカードを出す」でバスケットに入れられたカードが、次の場のカードになります。
各プレイヤーは同じように、バスケットの中の「場のカード」で始まり、自分の手札のカードで終わる単語を考えていくのです。

■しりとりのルールについて

「しりとり」のルールについては、みんなが知っている普通の「しりとり」で十分です。「みょ」などは2文字としてカウントする、名詞のみに限定する、などくらいを事前に合わせておけばいいレベルかなと思います。

地方ルール的なものもあると思いますので、ゲーム参加者と一緒に常識で判断するのがよいでしょう。

特殊カードについて

「ワイルドナンバーカード」

・「ワイルドナンバーカード5」

場のカードの文字で始まり、丁度5文字の単語なら何でも出すことが可能です。

・「ワイルドナンバーカード6」

「ワイルドナンバーカード5」と同じように、丁度6文字の単語なら何でも出すことが可能です。

「ワイルドナンバーカード7+」

場のカードの文字で始まり、7文字以上の単語なら何でも出せます。

「ワイルドラインカード」

カードに記載されている、行のどの文字としても使用できます。

例:場のカードが「さ」だった場合、か行の「ワイルドラインカード」を出して、「さいこ」と宣言して出すことができます。(「こ」がか行」)のため。

■「リセット」と「ペナルティ」について

・「リセット」

どうしても単語が思いつけない場合、プレイヤーは「リセット」を使うことができます。

「リセット」は、持っている手札のカードを全て一つにして、バスケットの中に表向きで入れます。(この時、表にする順番は好きな順でOKです。しかし、ワイルドナンバーカードは一番上にしないで下さい。)

その後、山札から捨てたカードの枚数+1枚を引いて、新たな手札として下さい。

・「ペナルティ」

しりとりのルールに違反している単語やカードを出した場合、他のプレイヤーが指摘することができます。

指摘されたプレイヤーは、そのカードを手札に戻し、さらにペナルティとして山札からカードを1枚引いて手札に加えてください。指摘がなければ、そのままゲームを続けて構いません

ゲームの終了

手札が残り1枚となったプレイヤーは、必ず「リーチ」と宣言して下さい。

「リーチ」の宣言を忘れたプレイヤーは、ペナルティとして山札からカードを1枚引いて手札にしましょう。

最後のカードを使う時は、単語の文字数が4文字以上で宣言しなくてはいけません。以上のルールで、最初に手札のカードを全て使い切ったプレイヤーが勝者となります。

特殊な場合について

・山札が無くなった場合

→バスケット中の、一番上のカード以外を回収して新しい山札を作り直して下さい。これで一番上のカードが場のカードとなって、ゲームを再開します。

・複数のプレイヤーが同時にカードをバスケットに入れた時

→入れられたカードの内、一番下のカード(最初に入れられたカード)のみが有効です。この時入れられたカードは、元の持ち主の手札に戻してください。この時ペナルティはありません。

・「ワイルドカード」がプレイの最初に出た場合

「ワイルドラインカード」の場合

その行のどれかが最初の文字とみなします。

例えば、か行のワイルドラインカードの場合、「か、き、く、け、こ」のいずれかが最初の文字になり、手札のどれかの文字で終わる単語ならカードを出すことが可能です。

・「ワイルドナンバーカード」の場合

もう1枚カードをめくり、ゲームをスタートさせて下さい。

・ワイルドラインカードがリセットで場のカードになった場合

その行のどれかが最初の文字としてみなします。*「ワイルドカード」がプレイの最初に出た場合の項目を参照にして下さい。

感想:簡単だと思ったら意外と苦戦するしりとり!

「ワードバスケット」は「しりとり」を題材としたボードゲームです。

最初は「簡単そうだな。面白いのかな?」と半信半疑だったのですが、これが意外なほど熱中しやすいゲームでした。

実際に遊んでみると、意外と言葉が出てこなくて苦戦します。(筆者のボキャブラリーが足りないだけかもしれませんが・・・)単語の頭と終わりが限定されるので、中々言葉が出てきませんでした。

悶々と考えて閃いた時は気分爽快ですが、中々出てこないと非常に悔しい思いをします。だからついついムキになって熱中してしまうんですよね。個人的にですが、このもどかしい感じがボードゲームっぽい気がします。

ゲーム要素もきちんと含まれている点もグッドです。ワイルドカードなどがゲーム自体をより盛り上げるものにしています。これを使用するのも、また少し難しいのですが(笑)

ルール自体はすごく簡単で、一回遊んだらほとんどの人が覚えられると思います。そのため、子供でも楽しく遊べますし、「しりとり」というよく知ったゲームなので、子供にとっては他のボードゲームよりも馴染むことができるのではないしょうか。

大人同士でやっても息抜きに丁度良いですので、老若男女問わず遊べるボードゲームだと思いました。

まとめ

「ワードバスケット」は、みんなが知っている「しりとり」を題材とした手軽なボードゲームでした。簡単ながらもついムキになって熱中してしまうようなゲームです。

ルールも簡単なので、子供から大人問わず楽しむことのできるボードゲームだと思います。ぜひ「ワードバスケット」を家族や友人、子供と楽しんでみて下さい。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする