スポンサーリンク

子供の教育にもオススメな傑作ボードゲーム!「ニムト」レビュー


「ニムト」は数字とカードを使ったカードゲームです。ルールは簡単ですが、やってみるとかなり頭を使うと思います。プレイ人数も幅広く、盛り上がりもするドイツの傑作ボードゲームです。値段も手ごろで初心者にも遊びやすいボードゲームです。

基本情報

プレイ人数:2人~10人

プレイ時間:約20分

対象年齢:8歳以上

ゲームデザイナー:ヴォルフガング・クラマー

「ニムト」はどんなゲーム?

「ニムト」は牛が描かれたカードをプレイヤー同士で押し付けあうという変わったカードゲームですが、ルール自体はいたってシンプルです。基本的には数字を扱うゲームなので、論理的な考えが必要かと思われますが、運も駆け引き要素もあります。誰でも楽しく遊べる傑作ボードゲームです。

ゲームの遊び方

ゲームの準備

すべてのカードをよく混ぜて、裏向きにしたまま各プレイヤーに10枚のカードを配ります。そして、中央の場に4枚のカードを縦一列に並べます。余ったカードはゲームでは使用しませんので、端に置いて置きましょう。

ゲームの流れ

まず最初に、すべてのプレイヤーは最初に自分の手札からカードを1枚選び、裏向きのまま場に置きます。全員のカードが出揃ったら、一斉に出したカードを表向きにします。表にしたカードの中から最も数字が小さいカードを出したプレイヤーから順に処理を行います。

表にしたカードを場の縦一列の横に付け足していきます。付けたし方は、出したカードより小さく、一番数字の近いカードの横に並べます。

出したカードの数字がどの列の最後尾のカードよりも小さく、付け足す事ができない場合があります。その場合は任意の1列を引き取って、新たにその列の先頭のカードとして出したカードを並べます。この時に、引き取る列に何枚のカードが並んでいても構いません。

付け足すカードの列は、出したカードより小さく、一番近い数字の列のカードが最後尾になっている列です。

例:左側が列が作られているカードで、右側の4枚のカードが出したカードとします。

出したカードで一番小さい数字は「42」なので、「42」を出したプレイヤーから処理を始めます。「42」より小さく、一番近い数字の列の最後尾は「40」となります。よって、「42」は「40」の隣に置きます。

その後に次に小さな数字である「57」のカードを処理します。「57」は、さっき置いた「42」が一番近い数字なので「57」は「42」の隣に置きます。

このようにしてカードを処理していきます。

各列には5枚までしか並べることしかできません。もし、付け足したカードが列の6枚目となってしまった場合は、それまでに並べられていた列の5枚のカードを6枚目のカードを置いたプレイヤーが引き取ります。ここで引き取ったカードは手札にはならず、自分の前に置いておきます。

そして、6枚目に出したカードを新たにその列の先頭のカードとして置きます。

以上のことを手札が尽きるまで続けます。10回行うと1ラウンド終了となります。

ゲームの終了

ゲーム中に引き取ったカードの牛マークの数の合計が失点となります。

合計の失点数が一番少ないプレイヤーが勝者となります。

また、何ラウンドかプレイして、誰かが66点を超えたらゲームの終了となります。その時点で失点数の合計を計算し、一番少ないプレイヤーが勝者となります。

感想:コスパ良し、バランス良し、面白さ良しの傑作カードゲーム!

「これぞ、カードゲームの傑作の一つ!」って感じのボードゲームです。実際に20年以上前のゲームなのに、未だに人気を誇るカードゲームです。

持ち運ぶにも手軽だし、プレイ人数が2人〜10人と幅広く、短時間で遊べるというコスパの良さも魅力です。

それ以上にゲームとしても面白いです。カードの出し方が悩ましく、大きな数字がきても小さな数字がきても頭を捻ることは必須です。論理的な思考も要求されます。

論理的な要素だけでなく、運要素もありますし、駆け引きの要素もあるのでとてもうまくいく時もあれば、大きく失敗してしまうこともあります。ですが、そこがまたドキドキして楽しいです。

バリエーションルールもたくさんありますので、スタンダードのルールに慣れてきたら導入してみるのも面白いです。既存のルールに飽きてきたら、好みに合わせてアレンジしていくのもいいです。

戦略的かつスリリングなゲームで、なおかつコスパ最強のボードゲームだと思います。買っておいてまず損はしないボードゲームでしょう。

まとめ

「ニムト」はボードゲームが好きなら1度はプレイした方がいいゲームですし、初心者の方にも自信をもってオススメできるボードゲームです。また、論理的な思考も要求されるゲームでもありますので、子供の教育にも良いゲームだと思います。「ボードゲームでカードを使うゲームで何がオススメ?」と聞かれたら、必ず名前が挙がるゲームの1つです。20年以上の歴史を誇る傑作ゲームをぜひ楽しんでみてください。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする