スポンサーリンク

厳しい自然界で1匹の羊を1000匹に増やせ!1人用ボードゲーム「シェフィ」レビュー!


自然界は厳しいー。

容赦なくひつじたちに降り注ぐ災害。それでもひつじたちは懸命に繁栄を目指していました。このゲームはひつじ達の繁栄を目指すゲームです。降り注ぐ災害を受け入れながらも、1000匹のひつじを大地にもたらすことがゲームの目的となります。

絶滅せずに、そして敵のひつじたちに負けないように繁栄を目指しましょう。

基本情報

プレイ人数:1人

プレイ時間:約15分

対象年齢:12歳以上

ゲームデザイナー:ポーン(ステッパーズ・ストップ)

「シェティ」はどんなゲーム?

「シェフィ」は珍しい1人用のボードゲームです。数人で一緒に遊ぶものでなく、1人でしか遊べません。ゲームはカードのみを使用しており、感覚的にはパソコンのフリーゲームなどであるトランプのソリティアに近いです。

1匹のひつじから様々な災害を耐え抜いて、ひつじを1000匹まで増やすのが目的となります。イベントカードを使ってなんとかしてひつじを増やしていきましょう。1人用なので暇な時に黙々と自由に遊べるのが魅力的なゲームです。

ゲームの遊び方

ゲームの準備

  • 1〜1000までのひつじカードを種類別にまとめ、1列に並べておきます。この時、数字が書かれている面を表にしておきましょう。
  • 1の数字が書かれたひつじカードをフィールドに設置します。ちなみに、フィールドには7枚までしかひつじカードを置くことはできません。
  • 全てのイベントカードをよくシャッフルし、端の方に山札として負いておきます。その横が使用したイベントカードを捨てるところです。
  • イベントカードの山札から5枚のカードを引きます。これが初期手札です。
  • 敵ひつじカードをわかりやすい場所に置いておきます。敵ひつじも最初は1匹の状態からスタートです。

ゲームの流れ

ゲームの基本的な流れは以下の通りです。

  1. 手札から使用するイベントカードを任意に1枚選択する
  2. 選択したイベントカードの効果を処理する
  3. 手札が5枚になるまでイベントカードの山札からカードを引く

以上の流れをイベントカードの山札がなくなるまで続けます。

イベントカードの山札がなくなった場合

ゲームを続けていると、やがてイベントカードの山札がなくなります。山札が無くなったら、手札のイベントカードを全て使い切るまでゲームを続けて下さい。手札を残したまま、次のステップに進んではいけません。

山札も手札も無くなったら次の手順を行います。

  1. 敵のひつじカードを左に90度回転させて、敵ひつじの数を増やす。
  2. 捨て札に捨てられたイベントカードを全て回収し、よくシャッフルする。そして再び山札にして山札置き場に設置し直します。
  3. 新たに山札から手札となる5枚のカードを引きます。

以上の手順が終了したら、また基本的なゲームの流れに戻ります。

ゲームの終了

ゲームが終了する時は、3パターンあります。

①1000匹のひつじカードをフィールドに置けた時。

→1000ひつじカードを1枚でも置いた瞬間にプレイヤーの勝利です。

②山札と手札の両方を3回使い切り、敵ひつじが1000になった時

→プレイヤーの敗北です。

③フィールドのひつじを全て失った時
→プレイヤーの敗北です。

細かなルールについて

ゲームを始めると、おそらく細かなルールがわからないところがでてきます。そんな細かなルールについて、いくつか注意事項を上げておきました。参考にしてください。

テキストの違い

「手放す」→ひつじカードを元の種類ごとにまとめてひつじカードの山に返す。

例:「暴落」、「嵐」など

「追放する」→イベントカードをゲームから取り除きます。取り除かれたカードは、そのゲーム中二度と登場することはありません。

例:「対策ひつじ」、「メテオ」など

「捨てる」→イベントカードを捨て札置き場に置きます。山札を再度作る時に、回収されます。

例:「牧羊犬」など

空打ちについて

イベントカードの効果を使用しても何も起こらない場合があります。この場合は、イベントカードは使えないわけではなく、空打ちとなりそのまま捨て札になるのです。

例:「増やせよ」のイベントカードは、「3」のひつじカードをフィールドに出せますが、フィールドに7枚のひつじカードがすでにあった場合でも、「増やせよ」カードは一応使用することができます。その場合、「3」のひつじカードはフィールドには出せませんが、カード自体は使用したことになり、「増やせよ」カードは捨て札となるのです。

他のイベントカードでも上の例のように空打ちすることができるので、ピンチの時には使ってみて下さい。特に自分にとって、マイナスのイベントカードを空打ちでやり過ごせれば、大きなメリットになります。

ゲームに慣れてきたら

「シェフィ」を何度も繰り返し遊んでいくと、段々とゲームをクリアできる確率が上がっていくはずです。そこでずっと1000ひつじを出すのを目的としていたら飽きてしまうので、ゲームになれたらハイスコアを目指して遊んでみて下さい。

ハイスコアを目指す場合は、1000ひつじカードをその場で置いてもゲームは終了せずに続けてみましょう。山札のカードと手札を全て使い切って、なおかつ敵ひつじカードが1000になるまで続けます。それまで出来る限り高得点を稼ぎましょう。

感想:意外とハマる1人用カードゲーム

ボードゲームはやはり、何人か一緒に集まってテーブルを囲んで遊ぶイメージが強いと思います。なかなか1人で遊んでいる姿は想像できませんよね。そのため、最初は1人用のカードゲームって楽しいのだろうか、と思っていましたが、これが意外とハマります。

「シェフィ」は1人用ボードゲームの中でも、かなり気軽に手にとって遊べるボードゲームです。感覚的にはパソコンのフリーゲームとかで入っているソリティアと似たような感覚でした。

最初はどのようにやっていけばいいのか戸惑うと思いますが、何回か遊んでいくとコツと勝ち方が見えてきます。実際に自分が遊んだ時は、敵ひつじが1匹の時に負けちゃったりしていました。遊べば遊ぶほど極められるゲームです。すごい人は1000ひつじを何枚もフィールドに出せるのだとか。

「シェフィ」を攻略するコツは、いかに自分にとってマイナスとなるイベントカードを回避するかです。例えを出すと、フィールドに出したら一発で負けが決まってしまう「シェフィオン」は、真っ先に「対策ひつじ」でゲームから除外するのが吉です。

このようなマイナス要素が強いイベントカードを早めに除去しておかないと、山札が尽きた時ににっちもさっちもいかなくなって、負ける確率が跳ね上がってしまいます。それだけでなく、次回の山札でもまたマイナス要素の強いカードが出て来るので、気が気でありません。そのため、「シェフィオン」をはじめとするマイナスが強いカードをいかに効率よく除去していくかが、このゲームの1つのポイントだと思います。

このように、ゲームを遊んでいくと段々と攻略方法やコツがわかっていくのが、とても楽しいです。一見地味ですが、やってみると意外とはまってしまう。「シェフィ」は、そんな魅力を秘めたボードゲームだと思います。ソリティアに似ていることもあり、非常に馴染みやすい1人用ボードゲームなのではないでしょうか。

まとめ

「シェフィ」はちょっと珍しい1人用ボードゲームですが、意外とハマってしまう魅力的なゲームでした。1人用ボードゲームはちょっと手が出しにくいかもしれませんが、「シェフィ」は気軽に遊べるはずです。

ちょっと息抜き用にアナログゲームを1人で楽しみたいという方は、ぜひ「シェフィ」を手にとって遊んでみて下さい。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする