スポンサーリンク

意外にシビアな心理戦!「赤ずきんは眠らない」レビュー


可愛げなイラストで、気軽にできるボードゲーム「赤ずきんは眠らない」をレビューします。心理戦を手軽に遊べるボードゲームとなっており、簡単ながらもシビアな心理戦が体験できます。

 基本情報

プレイ人数:3人~6人

プレイ時間:約20分

対象年齢:6歳以上

ゲームデザイナー:佐藤純一

「赤ずきんは眠らないは」どんなゲーム?

有名な童話、赤ずきんを元にしたゲームです。プレイヤーの中からオオカミ役となり、赤ずきんやこぶたを襲っていきます。赤ずきんやこぶたの役のプレイヤーはうまくトラップを張ったり、隙を見て眠ることで得点を獲得するのが目的です。

ゲームの進行について

ゲームの準備

まずは中央に得点トークン(画像左)を中央に集めます。そして、プレイヤー全員に進行早見表とおうちタイル(右画像)を1枚ずつ配布します。

     

次に、プレイヤーの参加人数に合わせた、決められたキャラクターカードを用意して、ゲームに使う道具の準備は終了です。

最後に、ゲームにおけるキャラクターの割り振りを決めます。説明書には最もはらぺこなプレイヤーがオオカミ役となる、と記載されています。(もちろんじゃんけんでも何でも大丈夫です)

オオカミ役を決めたら、残りのキャラクターカードを他のプレイヤーに1枚ずつくばります。これはどのキャラクターでも構いません。

ゲームの流れ

まずはオオカミ役以外のプレイヤーはおうちタイルを手に取り、「おやすみなさい」か「トラップ」をどちらかを選択し、選択したほうを表にします。

この時に、他のプレイヤーには見られないようにキャラクターカードでおうちタイルを隠すようにしてください。

次にオオカミ役のプレイヤーがどのキャラクターを食べるかを1人選択します。食べられたプレイヤーはおうちタイルをプレイヤー全員に公開し、どちらを選択したのかを明らかにします。

食べられたプレイヤーの選択が「おやすみなさい」だった場合

オオカミに食べられたプレイヤーが「おやすみなさい」を選択していた場合は、オオカミの勝利となります。オオカミ役のプレイヤーは、食べた相手のキャラクターカードに記載されている数字の数だけ、得点トークンを獲得することができます。

赤ずきんなら3点、おやぶたなら2点、こぶたなら1点です。

一方、オオカミに食べられたプレイヤーは、自分のキャラクターカードに書かれている数字の数だけ、得点トークンを中央に返します。手持ちの得点トークンはゼロより下になることはありません。

食べられたプレイヤーの選択がトラップだった場合

食べられたプレイヤーの選択肢がトラップだった場合は、オオカミの敗北です。オオカミ役のプレイヤーは、食べたプレイヤーのキャラクターカードの数字の数だけ得点トークンを失います。

一方、オオカミにトラップを引っ掛けたプレイヤーは自分のキャラクターカードに書かれた数字の数だけ得点トークンを得ることができます。

オオカミに狙われなかったプレイヤーについて

オオカミに狙われなかったほかのプレイヤーは、自分のおうちタイルをプレイヤー全員に幸公開します。

「おやすみなさい」を選択していた場合は、キャラクターカードに書かれた数だけ、得点トークンを得る事ができます。

「トラップ」を選択したプレイヤーは、得点トークンを得ることができす、失うこともありません。

次のゲームの準備

各プレイヤーが得点トークンを一連の処理を終えたら、次のゲームの準備をします。

今回のゲームで得点トークンを失ったプレイヤーは、全員のキャラクターカードを回収し、自分を含むプレイヤー全員に任意のキャラクターカードを1枚ずつ配布します。

誰にどのキャラクターを配っても問題ありません。配られたキャラクターカードが次のゲームの役割となります。

配り終わったら、おうちタイルを手に取り、「おやすみなさい」か「トラップ」を選択し、ゲームを続けます。

ゲームの勝敗

ゲームは誰かが最初に10点以上の得点トークンを手にした時点で、ゲーム終了となります。最初に10点以上の得点トークンを獲得したプレイヤーの勝利です。

もし、10点以上のプレイヤーが複数人でた場合は、オオカミ役で得点トークンを獲得したプレイヤー、あるいは「トラップ」で獲得したプレイヤーが優先されます。

感想:イラストは可愛げだけどシビアな心理戦!

一見可愛らしい絵柄で和みますが、ゲーム内容は結構シビアな心理戦となっています。ルールも簡単かつ、ここまで手軽に心理戦を楽しめるのはすごいと思います。

このゲームの面白いところはキャラクターによって、勝利した時に得られる得点が違うところです。ゲームはじめにキャラクターを任意に分配できるので、得点の高い赤ずきんがきたりすると、とても緊張します。それがゲーム終盤になると緊張感が序盤の比ではありません。

序盤は運要素が強い感がありますが、終盤は緊迫した心理戦が楽しめます。ただ黙々とゲームをするより、ハッタリや言葉を使っていくのも面白いです。

一見単純なゲームに見えますが、実際に遊んでみると熱中しやすく、何度も遊びたくなってしまうようなゲームです。

まとめ

「赤ずきんは眠らない」は簡単で手軽に遊べながら、シビアな心理戦を体験できるゲームです。初心者にも手をつけやすく、子供にとっても楽めるゲームとなっていると思います。もちろん大人がやっても白熱するゲームですので、ぜひ遊んでみてください。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする