スポンサーリンク

子どもから大人まで楽しめる、世界的に人気のボードゲーム「ドブル」レビュー!

Pocket

「ドブル」は非常にコンパクトなサイズながらも、5種類ものゲームが遊べる手軽なカードゲームです。

フランスで発表され、アメリカでは「spot it!」というタイトルで発売されている、世界的に人気なボードゲームです。日本でも様々なバージョンの「ドブル」が発売されています。

コンパクトながらも、5つの種類のゲームが遊ぶことができ、小さなお子さんでも遊ぶことができます。大人でも十分に楽しめるので、家族や友人でワイワイ楽しむことができるボードゲームです。

基本情報

プレイ人数:2人〜8人

プレイ時間:全て10分程度

対象年齢:6歳以上

ゲームデザイナー:デニス・ブランスコット

「ドブル」はどんなゲーム?

「ドブル」は反射神経や観察力を競うボードゲームです。各カードには8種類のシンボルが描かれており、必ずどれか1種類は他のカードにも記載されています。

ゲームはその共通に描かれているシンボルを宣言して、集めたり押し付け合ったりする感じです。今回はスタンダードの「ドブル」を解説していきます。(発表されてるものには、子供版のドブルなどが発売されています。)

ゲームの遊び方

「ドブル」は5種類のゲームで構成されています。ここからは各種類のゲームを解説します。
あなたが好きな種類のゲームで遊んでくださいね。

①「ザ・タワー」

■準備

  • カードを各プレイヤーに1枚ずつ裏向きに配ります。
  • 残りのカードをまとめて中央に表向きの山札として置いてください。

■遊び方

  1. まず全てのプレイヤーは自分に配られたカードを一斉に表向きにします。
  2. その後、中央にある山札のカードの絵と、自分が表にしたカードを見比べてください。そして2枚のカードに描かれている、共通するシンボルをできるだけ早く見つけましょう。
  3. 共通するシンボルを見つけたら、そのシンボルをすぐに宣言してください。
  4. 一番はやく宣言したプレイヤーが、山札のカードを1枚獲得して、配られたカードの上に表向きで置いてください。
  5. その後は、山札に新たなカードが出現するので、「手順②」に戻って引き続きゲームを続けましょう。
  6. 中央の山札がなくなったらゲームは終了です。

■勝利条件

一番多くのカードを獲得したプレイヤーが勝者です。

②「井戸掘り」

■準備

  • 適当に選んだカード1枚を表向きに中央に置きます。
  • 周りのカードをプレイヤー全員に、できるだけ均等に裏向きで配布します。ここで配られたカードが各自の山札となります。

■遊び方

  1. 全てのプレイヤーは一斉に、各山札のカードを表向きにします。
  2. 中央に置かれているカードと、山札の一番上のカードを見比べてください。そして2枚のカードに描かれた、共通するシンボルをできるだけ早く見つけましょう。
  3. 共通するシンボルを見つけたら、そのシンボルをすぐに宣言してください。
  4. 一番はやく宣言したプレイヤーが、山札の一番上のカードを中央のカードに表向きで重ねます。
  5. その後は、新しいカードが中央に出現することになるにで、「手順①」に戻って引き続きゲームを続けましょう。
  6. 誰か1人の山札がなくなったら、ゲームは終了です。

■勝利条件

最初に自分の山札を無くしたプレイヤーが勝者です。

③「アツアツポテト」

■準備

  • 各プレイヤーにカードを1枚ずつ裏向きにして配布します。
  • 余ったカードをまとめて端に避けておきます。
  • 全部で何ラウンド行うか事前に決めておきます。(最低でも5ラウンドは必要です。)

■遊び方

  1. 配られたカードを、表向きで手のひらに水平に載せます。
  2. 自分の手のひらと、他のプレイヤーの手のひらに載せられたカードを見比べ、共通するシンボルを探して、そのシンボルを宣言します。
  3. 宣言したプレイヤーは、自分の手のひらのカードを相手のカードの上に置きます。カードを置かれたプレイヤーは、それが自分の新しいカードとなるのです。もし、自分の手のひらに複数のカードがあった場合は、全てのカードを相手のカードの上に置いてください。
  4. 「手順②〜③」を繰り返し、手のひらにカードがあるプレイヤーが残り1人になるまで続けます。
  5. 最後の1人になったプレイヤーは、そのラウンドの敗者となり、手のひらのカードを全て自分の手元に置いてください。その後は「手順①」に戻ります。

■勝利条件

自分の前に置いたカードが、最も少ないプレイヤーが勝者です。

④「毒された贈り物」

■準備

  • 各プレイヤーにカードを1枚ずつ裏向きにして配り、自分の前に置きます。
  • 残ったカードは表向きの山札として、テーブル中央に置きます。

■遊び方

  1. 全プレイヤーは、一斉に配られたカードを表向きにします。
  2. 全プレイヤーは、自分のカードと中央のカードを見比べて、共通するシンボルを探して下さい。
  3. 先に共通するシンボルを見つけたプレイヤーは、山札の一番上のカードをその見つけられたプレイヤーに渡し、そのプレイヤーの手元のカードの上に置きます。
  4. その後は置かれたカードを新しいカードと新しくなった中央のカードを使ってゲームを続けます。(「手順②〜④」までを繰り返す)
  5. テーブル中央のカードが全て無くなったらゲーム終了です。

■勝利条件

自分の前に置かれたカードが、最も少ないプレイヤーが勝者です。

⑤「スリーカード」

■準備

  • 全てのカードをまとめて、裏向きで山札として置きます。
  • 山札から9枚のカードを引いて、「3枚×3枚」で表向きに並べます。

■遊び方

  1. 全プレイヤー同時に、表向きに並べた9枚のカードの中から、3枚に1種類の共通するシンボルを探して下さい。この時、3枚のカード全てに描かれているシンボルでなければなりません。
  2. 見つけたらそのシンボルを宣言して下さい。その後、その3枚を受け取り、共通するシンボルを全プレイヤーに見せて、自分の前に重ねて置いて下さい。
  3. その後、山札から3枚のカードを引いて、場のカードが9枚になるように補充して下さい。
  4. 「手順①〜③」を繰り返して、並べているカードが8枚以下になった場合と、3枚に共通するシンボルが無くなった場合にゲームは終了します。

■勝利条件

最も多くのカードを手にしたプレイヤーが勝者です。

感想:単純ながら豊富な遊び方があるボードゲーム!

「ドブル」は世界的に人気のあるボードゲームで、子どもにとても人気があります。個人的にはボードゲーム界のトランプみたいな感じでした。何故かというと、カードだけで数種類のゲームを遊べるからです。

実際に遊んでみると、反射神経が非常に問われるゲームとなっています。一見、単純なゲームに見えますが、実際にやるとうまく共通のシンボルが見つからなかったりで、悔しい思いをすることもしばしばありました。

反射神経がモノを言うので、大人も子どもも差がでないので、ついムキになってしまうでしょう。そう考えると、「ドブル」はかなりファミリー向けなボードゲームだと思います。世界的に人気なのも頷けますね。

個人的に一番好きなのは、「スリーカード」でした。これが一番難易度的にも盛り上がるような気がします。以外と3つのシンボルが見つからなくて、モヤモヤする時が多かったです。

他には「アツアツポテト」も好きでした。これは、最後の最後まで勝敗がわからず、大逆転する可能性を常に秘めているので、最後までハラハラするところが面白いです。

このように様々な遊び方と面白さがあるので、コンパクトながらも様々なゲームを楽しむことができます。

まとめ

「ドブル」は子どもも大人もつい夢中になってしまう、ファミリー向けのボードゲームでした。この手軽さとコンパクトさで、このようなゲームなら、一家に一つあっても良いのではないでしょうか。

お子さんがいるご家庭では、ぜひ「ドブル」で遊んでみて下さい。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする