スポンサーリンク

内通者は誰だ?ボードゲーム「インサイダー・ゲーム」レビュー


インサイダー・ゲームはコミュニケーションを中心とした推理ゲームです。「はい」か「いいえ」、「わからない」としか答えられない質問をしながら正解の単語を考えていきます。しかし、その単語の答えを知っているインサイダーが一人プレイヤーの中に潜んでおり、そのインサイダーを探し当てるというのがインサイダー・ゲームの本当の目的となります。

基本情報

プレイ人数:4人~8人

プレイ時間:約15分

対象年齢:9歳以上

ゲームデザイナー:佐々木隼

インサイダー・ゲームはどんなゲーム?

インサイダー・ゲームはマスターとインサイダー、庶民という役割に分かれてゲームを行います。お題となる単語はマスターとインサイダーしか知りえません。庶民はお題の単語を質問しながら推理し、インサイダーはうまく庶民を答えに誘導し、なおかつ正体がばれないようにしなければなりません。庶民とマスターはお題の単語を推理するのと同時に、インサイダーが誰かを突き止めましょう。

ゲームの流れ

インサイダー・ゲームは協力パートと対決パートの二つのパートがあります。

協力パートは全員で協力して、お題となる単語を正解することが目的です。この協力パートで失敗すると、マスター、インサイダーを含む全てのプレイヤーの敗北となってしまいます。

対決パートは庶民にまぎれたインサイダーが誰なのか、マスターを含む全員が議論してインサイダーの正体を推理します。対決パートでは、庶民とマスターのチームとインサイダーのどちらかが勝つかの勝負となります。

ゲームの準備

まずはプレイヤーの人数と同じ数の役割カードを各プレイヤーに1枚ずつ配ります。配られた役割カードは他のプレイヤーに見えないように、こっそり自分の役割を確認しましょう。

この時にマスターとインサイダーの役割カードは必ず1枚は含まれるようにします。他のカードは全て庶民カードです。

例:6人で遊ぶ場合は、マスター1枚、インサイダー1枚、庶民4枚となります。

自分の役割を確認したら、マスターの役割の人は自分がマスターだと名乗りあげましょう。マスターがゲームの司会役となります。庶民とインサイダーは名乗り上げてはいけません。役割カードは自分の前に他の人に見られないように伏せておきます。

お題の単語の確認

マスターが名乗りあげたら、マスターがゲームの下記の手順によって、進行を促します。

①全員に目を閉じるようにマスターが指示する。

②マスターがお題カードの束を良くシャッフルし、一番上のカードをめくり、表にします。そのカードを山札のとなりに置きます。

その後に裏になっている山札の一番上のカードの番号を確認します。その番号と隣の表にしたカードに対応している単語が、今回のゲームのお題の単語となります。忘れないようにしっかりと記憶しておきましょう。

③マスターがお題を確認したら、マスター自身も目を閉じ、目を閉じたことを他のプレイヤーに報告します。

④全員が目を閉じた状態のまま、マスターはインサイダー役のプレイヤーに今回のゲームのお題の単語を確認するようにと、指示を出します。インサイダーの役割のプレイヤーは目を開けて、お題の単語の確認をします。マスターは5秒カウントして、終わったらインサイダーに再び目を閉じるように指示を出します。

⑤マスターは再び目を開けて、表になっているお題カードを山札の一番上に戻し、裏面の数字が見えないように、数字の上にマスターの役割カードを置きます。

⑥全員に目を開くようにと指示を出します。これでお題の確認は終了となります。

協力パートの進行

ここまできたらいよいよゲームの開始です。最初は協力パートからになります。

マスターは砂時計をスタートさせます。砂が全て落ちるまでに庶民とインサイダーは、マスターに質問をして、お題の単語を正解させなくてはなりません。失敗したら全員の敗北です。

 マスターへの質問に関するルール

マスターへの質問は自由ですが、マスターは庶民とインサイダーの質問に対して、「はい」か「いいえ」、「わからない」しか答えてはいけません。庶民とインサイダーはそれを踏まえた上で、マスターに質問をしましょう。

質問の例

・質問「それは家の中にあるものですか?」  答え「いいえ」

・「スーパーで買える物ですか?」      答え「わかりません」

・「それは金属ですか?」          答え「はい」

ここでインサイダーは重要な点が一つあります。

インサイダーのプレイヤーはお題の単語をあらかじめ知っているのですが、あまりに早く答えを言ったりすると、自分がインサイダーであることがすぐにばれてしまいます。そうすると次の対決パートであっさり負けてしますので、協力パートでは注意が必要です。

協力パートにおいてインサイダーはうまく庶民にまぎれて、ばれないように質問し、正解に近づいていく必要があります。

 正解するには

例えば、正解であるお題の単語が「風呂」だとしたら、「それは風呂ですか?」という質問がでたら、マスターはその質問に対して、「正解です」と宣言してあげましょう。

砂時計が全て落ちるまでに正解の単語にたどり着けなかったら、全プレイヤーの敗北です。

対決パートの進行

見事お題の単語にたどり着けたら、次は対決パートになります。

マスターは正解がでたらすぐに、砂時計を逆さにします。これは、砂が全て落ち切っていなくても逆さにします。

砂時計の砂が落ちきるまでの時間で、全員で協力パートの問答を振り返り、誰がインサイダーかを全員で推理します。インサイダーはここでもうまく正体を悟られずに、立ち回る必要があります。全員の考えがまとまったら、多数決を始めます。

 正解者裁判

誰がインサイダーか考えがまとまったら、まず問答でお題の単語の正解を言った人がインサイダーかどうかの多数決を取ります。

多数決は挙手制です。マスターを含む全員が投票します。「正解者がインサイダーだと思う人は手を挙げてください。せーの・・・」と、いった具合にやります。

挙手が終わったら正解者は自分の持っている役割カードを表にして、役割を公開します。

正解者が庶民の場合、手を上げた人が過半数だったらインサイダーの勝利です。半数以下だったら次の全体投票に進みます。

正解者がインサイダーだった場合、手を上げた人が過半数だったらインサイダーの敗北となり、マスターと庶民の勝利です。

半数以下の場合はインサイダーが出し抜いたことになりますので、インサイダーの勝利です。

 全体投票

正解者裁判で勝負が決まらなかったら、全体投票となります。

正解者とマスターを含む全員でインサイダーだと思うプレイヤーを一斉に指差しで、投票します。ここで一番多くの指を指されたプレイヤーの役割カードを表にしましょう。

ここで一番多く指を指されたプレイヤーがインサイダーならマスターと庶民の勝利で、インサイダーでないのならインサイダーの一人勝ちです。

 感想:会話が盛り上がる推理ゲーム

インサイダー・ゲームは質問をしながらお題の単語を推理していくのが、メインとなるゲームです。質問していき、答えを推理していくのは楽しいです。しかし、ここでこのゲームのキモであるインサイダーという要因が、ゲームを盛り上げます。

インサイダーの役割を担っているプレイヤーは答えを知りつつも、庶民をうまく答えに誘導していく必要があります。

この誘導がインサイダー・ゲームの一番の面白いところです。インサイダーは露骨に誘導するとすぐにばれてしまいます。しかもこれは制限時間つきなので、あまりうかうかしていられません。この誘導をうまくやっていくのがこのゲームのキモであり、ジレンマだと思います。

庶民もお題の答えを推理していくのはもちろんなのですが、同時にインサイダーの推理も頭の片隅に置いておかなければなりません。誰がどんな発言で、どの発言が正解に近づいたのかを覚えておくのが鍵です。

マスターはその点、お題の単語を推理する必要がないので、インサイダーの推理に全力を尽くすことができます。そう考えるとマスターの意見はかなり貴重で責任重大なものとなると思います。この役割の配分もインサイダー・ゲームの魅力なのではないかと思います。

まとめ

インサイダー・ゲームはゲーム自体の勝敗よりもコミュニケーションや推理が面白いゲームだと思います。推理に関しては単語についてもそうですが、インサイダーを見抜くという点で二重で面白い要素がある面白いゲームです。誘導がうまい人がインサイダー役になると、かなり面白いのではないかなぁと思いました。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする