スポンサーリンク

ジレンマがとても悩ましい!軽量型競り系ボードゲーム「ゲシェンク」レビュー

Pocket

あなたの目の前には1枚のカードがあります。そのカードを取ってしまうと、あなたの勝利点はそのカードに描かれている数字の分だけ減ってしまうでしょう。

カードを受け取らずにするには、あなたの手にある限りあるチップを差し出さなくてはなりません。

しかし、連続した数字のカードを手に取ることができれば、マイナスを軽減することも可能です。カードを引き取とってマイナス点を受け入れるか、そてとも貴重なチップを差し出すか。

あなたは一体どちらを選びますか?

基本情報

プレイ人数:3人〜7人

プレイ時間:約20分

対象年齢:8歳以上

ゲームデザイナー:トーステン・ギムラー

「ゲシェンク」はどんなゲーム?

「ゲシェンク」はカードとチップを使って遊ぶ簡単なボードゲームです。

出されるカードを引き取るか、枚数に限りのあるチップを捨てて見送るかを毎回選択して、カードのマイナス点を抑えていくゲームになります。

このゲームの面白いところは、ズバリ毎回の駆け引きと選択のジレンマです。うまくマイナスがでかいカードを引き取らずにマイナスを抑え、チップとカードのマイナスをどちらをとっていくか。

簡単ながらも判断が悩ましく、盛り上がる軽量系ボードゲームです。

ゲームの遊び方

ゲームの準備

ゲームの参加人数によって、最初に受け取るチップの枚数が決まります。以下の通りに各プレイヤーは受け取って下さい。

  • 3人〜5人→11枚
  • 6人→9枚
  • 7人→7枚

余ったチップは使用しないので、箱の中に戻しておきましょう。

受け取ったチップは他のプレイヤーに見られないように、手の中などに持っておいて下さい。

その後、カードをまとめてシャッフルし、24枚のカードを数えて山札にしましょう。残りのカードは使用しませんので、内容を公開せずに箱の中にしまっておいてください。

後は適当な方法でスタートプレイヤーを決めましょう。

以上でゲームの準備は終了です。

ゲームの手順

では、ゲームの手順を解説していきます。

まずスタートプレイヤーは山札からカードを1枚引いて、表向きで山札の隣に置いて下さい。

このカードについてプレイヤーは以下の2つの選択肢から必ず1つを選択します。

  1. 「カードを取って、自分の前に表向きにして置く。」
  2. 「カードを取らずに、自分のチップ1枚を隣に置く。」

次からそれぞれの選択肢について解説していきますね。

1.「カードを取って、自分の前に表向きにして置く。」

カードを取ることを選択したプレイヤーは、同時にとなりに置いてあるチップも全て受け取って下さい。カードは自分の前に表向きで並べ、チップは他のプレイヤーに見られないように手の中に持っておきます。

次に山札からカードを1枚新たなカードを引いて、山札の隣に置いて下さい。そしてそのプレイヤーは2回連続で同様の選択を続けましょう。

つまり、カードを取った場合は再びカードを取るか取らないかの選択をし続けることになります。

2.「カードを取らずに、自分のチップ1枚を隣に置く。」

カードを受け取らなかった場合、自分のチップ1枚をそのカードの隣に置いて下さい。

そしてら時計回りで次のプレイヤーの手番となり、次のプレイヤーも同様の選択をすることになります。

以上のように、チップが払われるごとに、時計回りに順番が回っていくのです。

しかしチップが手元にないプレイヤーは、カードを引き取る以外の選択肢はありません。その点は十分に注意して選択してくださいね。

数字が連続するカードの得点について

通常このゲームでは、引き取ったカードの数字分だけマイナス点となっていきます。しかし、マイナス点を抑える手段があるのです。

それが、数字が連続するカードになります。

ゲームをプレイしていくと、プレイヤーが引き取ったカードの中で「連続する数字」がでてくるでしょう。例えば、「10、11、12」、「23、24」などです。

この連続した数字がある場合、その連続している数字の中で最も小さい数字のカード分のみがマイナス点となります。

例えば、「10、11、12」が記載されたカードを手元に持っていた場合、「10」のみがマイナス点となり、「11」と「12」はマイナス点となりません。

しかし、もし手元に「10、12」という数字がある場合は、「10」と「12」それぞれがマイナス点となります。つまり、この場合は「22点」がマイナス点となってしまうのです。

以上のことから、カードを引き取る場合は連続した数字を狙っていくと、マイナス点を大きく軽減することができます。このルールをうまく利用してマイナス点を軽減しましょう。

ゲーム終了

中央の山札のカードが全てなくなり、隣のチップをいずれかのプレイヤーが取ったら、ゲームは終了となります。

その後は最終得点の計算を行いましょう。単独でマイナスになるカードと、連続した数字のカードを別々に分けて、合計マイナス点を計算して下さい。

最後に上記のやり方で出した合計マイナス点から、チップの枚数を差し引いて下さい。チップは1枚につき1点となります。

例:手持ちのカードが「10」「12」「20」「21」「22」でチップが3枚の場合

単独のマイナス点→「10」と「12」

連続する数字のうちのマイナス点→「20」のみ(「20」「21」「22」)

合計のマイナス点が「42」となり、最後にチップの枚数分である3点を引いて、最終合計点は「39」となります。

以上の方法により、最終合計点(マイナス点)が最も少ないプレイヤーが勝者となります。

感想:簡単ながらも面白い駆け引きとジレンマが楽しめる

「ゲシェンク」は少ないカードとチップで遊べる手軽なボードゲームです。

ゲームジャンルは分類が難しいですが、オークションみたいな競り系に分類されます。

しかし、ルールでも明らかのように単なる競りではなく、マイナスとなるカードを相手に押しつけていかにマイナスを抑えていくかがゲームの肝です。

こうみると、欲しいものの値段が上がっていく通常の競りとは違い、「ゲシェンク」は欲しくないカードのチップが上がっていくので、逆競り系とも言えるかもしれませんね。

さて、実際に遊んでみるとかなり悩ましい選択肢の連続でした。

チップをうまく回収しつつ、連続するカードを狙っていくのがこのゲームの基本的な進め方だと思いますが、なかなかうまくはいきません。

例えば、大きい数字の回収をためらっていたら、連続する数字が引かれて有利になったりします。反対にチップを使わないようにしていると、チップの枚数が尽きてしまい、その後に不利な状況に陥ることも珍しくありません。カードを引き取るタイミングがとてもシビアです。

しかも使わないカードがあるので、絶対に連続する数字が出てくれるわけでもありません。そこを考えると若干運要素が強い感じもしますが、個人的にはそこもゲームを盛り上げるアクセントとなっていると思います。何が起きるか分からないというのは楽しいですからね。

簡単ながらもこのようなジレンマを楽しめるので、ゲームサイズを考えたら非常に遊びやすいながら、十分に楽しめるボードゲームなのではないかなと思います。

まとめ

「ゲシェンク」は、簡単ながらもきわどいジレンマやプレイヤー同士の駆け引きが楽しめる軽量系のボードゲームでした。

ゲームのルール自体も複雑でもないので、初めてボードゲームで遊ぶ人にはもちろん、旅行先でも手軽に持ち運べて遊ぶことができるでしょう。

とても手にしやすいボードゲームなので、ぜひ手にとって遊んでみてくださいね。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする