スポンサーリンク

街作りが更に面白くなる拡張セット”街コロ+(プラス)”をレビュー


20161113_machiplus_1

以前レビューした”街コロ”には二つの拡張セットがあります。その一つがこの”街コロ+(プラス)”です。今回はこの”街コロ+”のレビューをしてみたいと思います。

基本セットである”街コロ”については以下の記事を見てみてください。

お手軽街づくりボードゲーム”街コロ”をレビュー!
お手軽に楽しめる”街コロ”というボードゲームをレビューしたいと思います。 上の写真じゃちょっとサイズ感がわかりにくいか...

20161113_machiplus_2

箱のサイズは”街コロ”の1/4です。実は”街コロ”は拡張セットが基本セットの箱の中にすっぽり納まる設計となっています。基本セットしか持っていないときの、箱の中身のすっからかん状態は結構さびしいです笑

基本情報

プレイ人数:2~4人

対象年齢:7歳以上

プレイ時間:40分

発売年:2012年

拡張セットの中身

単純にカードが68枚入っています。

……

それだけです。具体的には13種類の施設が追加されました。

え、それだけ!?と感じるかもしれませんが、この手のゲームでカードの種類追加は戦略が大きく変わる可能性があり、それだけでゲームが変わりうるという変化を与えてくれます。

どんなカードが追加されたのか

どんなカードが追加されたのか一部見ていきます。

全体的に漁業系のカードが追加されています。確かに基本セットではなかった産業分野ではありますね。

20161113_machiplus_3

基本セットで比較的強力だった戦術に対するメタ要素が追加された印象がありました。具体的にはサイコロ1個振り戦術をやりにくくするようなカードが追加されています。

寿司屋

麦畑をひたすら集める戦略に意を唱えるカードです。1を出してしまうとコイン3枚奪われてしまうので、このカードが場に蔓延しているとサイコロ1つ振りを避け、2個振り戦術に以降することを余儀なくされます。

出版社

ショッピングモール+(パン屋&コンビニ)というサイコロ1振り戦術で協力だった組み合わせに対して、その方向に伸ばすと痛手を負わせられるカードになっています。

マグロ漁船

サイコロ2個振り戦術を大きく強化させるカードです。このカードを集めることができればサイコロ2個戦術が大幅に安定感を増します。

……ただし、他者が集めているとサイコロ2つ振りにくくなるので、相手の戦略を読みながらプレイすることがより大事になってきそうです。

港の存在

上のカードの説明文にはちょこちょこ「港が完成していれば」という文言があることがわかるかと思います。この「港」は新しく追加されたランドマークです。2コインで完成させられるんですが、ダイスの目が10以上であれば出目に+2できます。ですので、実質サイコロを2個振ったときの出目は2~14になります。これは、上のマグロ漁船は出目が12~14ですが、「港」があると、出目が10、11、12までOKですので、7/36の確率で発動します。これは、サイコロ1個を振ったときに出て欲しい出目が出る確率は1/6なのでそれよりも僅かに高いです。

ちょっとややこしかったかもしれませんが、このカードがあることで出目操作が多少ではあるもののできるようになったので、どういう方向で街を伸ばしていけばよいか結構頭を悩ませることになります。

ちなみに、寿司屋が安くて効果発動しやすいので序盤に買うものの、「あ、俺”港”たててなかったわ笑」というのはよくあるので注意が必要です^^

拡張ルールが面白い

施設カードが増えたことによって、基本セットの基本ルールのように、全ての施設を全て並べて好きなカードを買う、というものがやりにくくなります。純粋に場所とりますしね。

それを解決する手段として、次のようなことを行います。

  1. 全ての施設カードをまとめてシャッフルし、1枚ずつめくっていき、場に並べる。
  2. 同じ施設カードは重ねる。
  3. 10種類別々の施設カードが並ぶまでこれを繰り返します。
  4. ゲーム中9種類以下になるとその都度、上記1~3を繰り返します。

こうすることによって、場に並ぶ施設カードはランダムになり、かつ、置かれる枚数もまちまちになり、何を優先して買うかや勝負の展開がゲームをやる度に変わっていきます。

私はこのルールがとても好きです。毎回似たようなゲーム展開になりがちだった基本セットの基本ルールに対して、「このカードがあるからこういう戦略も試してみるか」みたいに毎回考えられるのが楽しいです。

施設を購入したときに9種類以下になると新たにカードがめくられるのですが、このタイミングも重要で、新たにめくられたカードが強力な場合、次の手番プレイヤーに購入されてしまうので、自分が購入時には「場の施設を9種類以下にするかどうか」も購入時の判断材料になり、何を買えばいいかのジレンマが増します。

さいごに

街が増えて、戦略の幅も増えた拡張セットでした。一部”マグロ漁船強すぎないか?”等の声を聞くこともありますが、上で書いた拡張ルールであれば毎回出てくるわけでもなく、買占めできるほど数が出るとも限らないので、程よいバランスではないかなと思っています。

やっぱり街のイラストがポップな感じでいいですよね。より自分の手がける街のイメージ幅が広がるので街づくりそれだけでも楽しいです。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする