スポンサーリンク

知的教育に良い!子供と一緒に遊びながら知能を育てるボードゲーム10選!


ボードゲームは友達同士で遊ぶのももちろん楽しいですが、家族で子供とも楽しく遊ぶことができます。そしてボードゲームはただ楽しいだけでなく、子供の知的教育にも役立つゲームが多くあります。これは、テレビゲームにはないアナログゲームの良さです。

ボードゲームで楽しみながら知的教育にもよいのは、無理に勉強を教えるよるも良いですよね。そこでこの記事では、遊びながら知能を育てられるような、子供の知的教育にも良いボードゲームを紹介します。

*子供向きにボードゲームを購入する際は、対象年齢をしっかりとチェックしましょう。あまりにも子供の年齢と対象年齢が離れていると、子供がルールを理解できない場合があります。

ランキング

10位 ぴっぐテン

プレイ人数:2人〜8人

対象年齢:6歳以上

プレイ時間:約10分

足し算引き算をしながら遊ぶ簡単なボードゲームです。

「0〜10」までのカードを場に出していき、合計で「10」になるようにカードを出していきます。どの数字を組み合わせていけば、合計で「10」になるのかを考えなくてはなりませんので、子供にとっては自然と計算が得意になりますよね。

このように、「ぴっぐテン」は家族で遊びながら算数に活かせる計算力を養うことができるボードゲームです。算数が苦手な子供にとっては、苦手な算数を克服するチャンスとなる可能性も秘めてるゲームだと思います。小さなお子さんがいる方には、ぜひ「ぴっぐテン」を遊んでみてはいかがでしょうか。

9位 ナインタイル

プレイ人数:2人〜4人

対象年齢:6歳以上

プレイ時間:約15分

楽しみながら記憶力や判断力を養うことができるボードゲームです。

プレイヤーは表裏で絵が違うタイルを9枚3×3で並べます。そして、お題となるタイルの通りに手元の9枚のタイルを並べ替えていきます。一番早くお題通りのタイルを並べた人が勝ちです。

タイルの絵柄は表裏で違うので、思っていたよりも完成するまでに手間がかかります。手を動かしながら頭を使うので競技性が非常に高いゲームです。「ナインタイル」はテレビでも話題になり、東大生がおすすめしていました。家族で手軽に楽しみながら記憶力や判断力を養えるので、勉強の息抜きにも丁度いいと思います。

8位 ネコとネズミの大レース

プレイ人数:2人〜4人

対象年齢:4歳頃

プレイ時間:約20分〜30分

2003年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した人気ゲームです。

ネコに捕まらないようにしながら、ネズミを動かし、多くのチーズを取っていきます。より多くのチーズを手に入れたプレイヤーが勝ちです。

サイコロを使って遊ぶゲームなので、運要素が大きいです。しかし、戦略性の要素も十分にあります。チーズは進めば進むほど大きくなるので、どのネズミを進ませるかが悩ましいです。

手前の小さなチーズを手堅く取るか、リスクを取って大きなチーズを狙うかもポイント。大人でも頭を悩ましてしまうような場面が多くあります。デザインも含め、とても遊びやすいボードゲームです。ぜひ一度遊んでみてください。

7位 ワードバスケット

プレイ人数:2人〜8人

対象年齢:10歳以上

プレイ時間:約10分

「しりとり」をテーマにしたボードゲームです。通常のしりとりとは違って、言葉が限定されるだけでなく、スピードも要求される「しりとり」となっています。

ゲームは、場に出てる文字カードを頭文字にして、自分の手札にあるカードの文字で終わる単語を考えなくてはなりません。

例えば、場に「く」のカードがあって、手札に「ま」のカードがあったら、「くるま」と宣言して、カードを出すことができます。これは早い者順ですので、誰が発言しても構いません。

通常の「しりとり」より頭を使うだけでなく、早い者勝ちという競争も働いて、白熱した「しりとり」に変わるボードゲームです。自発的に頭を働かせなくてはならないので、頭の体操にはもってこいのゲームだと思います。

6位 コリドール

プレイ人数:2人〜4人

対象年齢:6歳以上

プレイ時間:約20分

囲碁な将棋のような、運がほとんど絡まない論理的思考力が要求されるボードゲームです。

プレイヤーは、壁となるフェンスを10枚と自分のコマを受け取ります。ゲームのルールは非常に単純で、自分のコマを1コマずつ動かしていき、相手より先にゲーム盤の反対側にたどり着いた方が勝ちです。

フェンスは相手の進路を妨害するために使います。どのようにフェンスを置けば、相手の進路を効率よく遮るのかを考えるのが、「コリドール」の一番の魅力です。

かなりギリギリの戦いになることが多いので、最後まで気が抜けません。戦略も重要となるので、論理的思考力を養うことができます。

個別レビュー記事もありますのでよかったらこちらもご覧ください↓

最後まで気が抜けない理詰めボードゲーム!「コリドール」レビュー
ボードゲーム「コリドール」は、フランスで生まれたオセロや将棋のようなアブストラクトゲームです。アブストラクトゲームとは、偶然が関与せ...

5位 ガイスター

プレイ人数:2人

対象年齢:8歳以上

プレイ時間:約10分〜20分

「ガイスター」は、将棋に心理戦の要素を組み合わせたかのような2人用ボードゲームです。幅広く柔軟な思考を養うことができます。

ゲームに勝つには2通りの方法があります。1つは自分のコマを相手側の陣地に到達させること。もう1つは自分には見えない特定の色のコマを全て取ることです。特定の色は「赤」と「青」の2種類あり、各色4個ずつあります。相手の赤のコマを全部取ると、負け。相手の青のコマを全部取ると、勝ちになります。

よって、相手にうまく自分の赤のコマを取らせたり、相手のコマの色を予想することが重要です。よって、一見将棋のような論理的なゲームに見えますが、心理戦の要素も合わさったゲームとなっています。

この心理戦の要素で大人と子供でも対等に遊べるゲームとなっているので、大人も子供も熱中して遊べるはずです。

個別レビュー記事もありますのでよかったらこちらもご覧ください↓

おばけを動かす将棋のようなボードゲーム「ガイスター」レビュー
おばけを動かして相手のおばけをうばったり、自分のおばけを出口へと導くボードゲームです。将棋のような感覚ですが、心理戦となるような様々...

4位 ブロックス

プレイ人数:2人〜4人

対象年齢:7歳以上

プレイ時間:約20分〜30分

ルールが超簡単の陣地取りゲームです。プレイヤーは決められた形のブロックを何個も受け取り、それをできる限りゲーム盤に設置していきます。

ブロックを設置するには辺と辺を合わさず、ブロックの角と角をつなぎ合わせていかなければなりません。相手よりも効率よくブロックを置きつつ、相手が困るようなところにブロックを置いていくことがゲームのポイントです。

単純にブロックを置いていっては勝てません。最初でどこを目指してブロックを置くか、相手に妨害されない置き方、相手を妨害する置き方を考える必要があります。見た目よりも脳をフル回転させるゲームですので、思考力が身につくはずです。見た目もカラフルで綺麗なところも良いですね。

個別レビュー記事もありますのでよかったらこちらもご覧ください↓

相手の陣地を奪い取れ!ボードゲーム「ブロックス」レビュー
ルールは非常に簡単で、家族でわいわい楽しく遊べるテリトリー戦略ゲーム「ブロックス」のレビューをしていきたいと思います。 ...

3位 おばけキャッチ

プレイ人数:2人〜8人

対象年齢:8歳以上

プレイ時間:約20分〜約30分

柔軟な思考力と反射神経を競う変わったボードゲームです。

ゲームはお化けや本といった個性的なコマとカードを使います。カードに描かれた情報と場にあるコマの色と形を比較して、正しい答えを誰よりも早く取ることがゲームの目的です。

正しい答えは2通りあります。1つはコマの色と形がカードに描かれてる絵と一致するもコマを取ること。2つ目は色も形もどれも一致せず、そのカードに描かれていないコマを選ぶパターンです。

実際に遊んでみると、とっさに正解のコマを取れないことが多くあります。反射神経も重要なので、大人より子供の方が強いということも少なくありません。子供と対等に遊ぶこともできて、頭の体操にもなる楽しいゲームです。

個別レビュー記事もありますのでよかったらこちらもご覧ください↓

子供も大人も楽しめて、頭の体操にもなるボードゲーム「おばけキャッチ」レビュー!
ある幽霊屋敷の地下室で、あなたは呪われたカメラを見つけました。呪われたカメラで撮影されたモノは、時々本来とは間違った色で、カメラは写...

2位 ドメモ

プレイ人数:2人〜5人

対象年齢:6歳以上

プレイ時間:約5分〜約15分

シンプルながらも論理的思考力が鍛えられるボードゲームです。ゲームの内容は、タイルに描かれた数字を当てていくというシンプルなもの。

しかし、タイルの数字は相手のものと場にあるタイルのみです。数字を当てていくのは自分のタイルであり、自分のタイルの数字は見えません。つまり、相手のタイルの数字を見て、自分の手持ちの数字を予測しなければなりません。各数字によって、タイルの枚数は決まっています。よってタイルの枚数と、自分から見えるタイルを照らし合わせて、論理的に数字を推測しなければ、ゲームに勝つことはできません。

例えば、「3」は3枚しかなく場には「3」が3枚あるから、「3」は自分の手の中にはないな・・・。といった具合です。このように、遊びながら論理的思考力を身につけられます。小さいうちから論理的思考力を身に着けるのにうってつけのゲームです。

個別レビュー記事もありますのでよかったらこちらもご覧ください↓

少し変わった数字当てゲーム!「ドメモ」レビュー!【ルール解説付】
「ドメモ」は数字が書いてあるタイルを使った数字当てゲームです。難しいルールはなく、手軽に遊ぶ事ができます。それでも単純なゲー...

1位 インジーニアス

プレイ人数:2人〜4人

対象年齢:8歳以上

プレイ時間:約30分〜45分

IQテストで上位2%が入れる国際団体「メンサ」によって、発表されたボードゲームです。運要素が無く、最も頭を使うゲームとして選出されています。数多くの賞を受賞しており、大人から子供まで病みつきになる頭脳開発ボードゲームです。

ゲームはタイルをつなぎ合わせていき、つなげた分の得点を得ることが目的です。タイルの種類が6種類あり、その種類ごとに得点を獲得していきます。特徴は、6種類のうちの最も得点が少ないものが最終得点になるところ。つまり、闇雲に得点を得るのではなく、タイルの種類全体的に得点を稼いでいかなくてはなりません。

終盤になると、タイルを繋げられるところも少なくなり、戦略的にタイルを置いていかないと勝つのは難しいでしょう。非常に頭が鍛えられるボードゲームです。

個別レビュー記事もありますのでよかったらこちらもご覧ください↓

頭脳をフル回転させるボードゲーム!ライナー・クニツィアの「インジーニアス」レビュー」
ボードゲームはよく子供の知的教育にも良いと言われることがありますが、ライナー・クニツィアの「インジーニアス」は知的教育に最も優れたゲ...

まとめ

いかがでしたでしょうか。最近はスマホゲームなどが多いですが、知的教育になるとアナログゲームは非常に評価が高いものとなっています。

子供と遊びながら、教育にも効果があるのは素晴らしいことに間違いありません。家族とのコミュニケーションだけでなく、論理的思考や分析力、判断力も向上する可能性をボードゲームは秘めています。子供がいらっしゃる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする