スポンサーリンク

シンプルだが戦略性が高い!ボードゲーム「ハゲタカのえじき」レビュー


ルールは非常に簡単なのですが、戦略性の高いボードゲーム「ハゲタカのえじき」のレビューをしていきたいと思います。

誰でもすぐにルールを把握できるほど、ルールが簡単ですので、初心者でも手軽に始められます。しかし、それでも奥が深いゲームです。

基本情報

プレイ人数:2人~6人

プレイ時間:約15分

対象年齢:7歳以上

ゲームデザイナー:アレックス・ランドルフ

「ハゲタカのえじき」はどんなゲーム?

「ハゲタカのえじき」は数字が記されたカードを使用して、ハゲタカカードを奪いあうゲームです。ハゲタカカードにも数字が記されており、その合計が勝利点となります。

ハゲタカカードを手に入れるためには、数字カードをよく考えて使用しなければなりません。

ゲームの流れ

ゲームの準備

まずはプレイヤー人数に合わせて、数字カードの色別に分けます。

そして、プレイヤーは同色の数字カードを受け取ります。数字カードは1~15まであり、それらがプレイヤーの手札となります。

次にハゲタカカードだけをよくシャッフルして山札にし、中央にセットします。

これでゲームの準備は完了です。

ゲームの進め方

まず最初にハゲタカカードの山札から1枚引き、表にして山札の隣に置きます。

その後に書くプレイヤーは自分の手札の数字カードを1枚選び、自分の前に裏にしてセットします。

全プレイヤーが数字カードをセットしたら、一斉にセットした数字カードを表にします。

その数字の結果によって、ハゲタカカードを手に入れられるプレイヤーが決定します。ハゲタカカードの受取が終了したら、ハゲタカカードの山札から1枚引き、表にして山札の隣におきます。

以上のことをハゲタカカードの山札がなくなるまで行います。そうすると、全員の数字カードとハゲタカカードの山札がきれい全て消化された状態になります。

この時に入手したハゲタカカードに書かれている数字を合計し、一番多い人がゲームの勝者になります。

ハゲタカカードを手にいれらる人の判定の仕方

ハゲタカカードには勝利点としてプラスになるものとマイナスになるカードがあります。

下の画像の左がプラスとなるハゲタカカードで、右がマイナスになるハゲタカカードです。

     

ハゲタカカードがプラスの場合

中央に置いたハゲタカカードがプラスの場合は、一番大きな数字カードを出した人が、そのハゲタカカードを取得することができます。

この時に、もし一番大きな数字カードが2枚以上出されていた場合は、一番大きい数を出したプレイヤーはハゲタカカードを取得できず、打ち消しとなります。次に大きな数字カードを出したプレイヤーが、ハゲタカカードを取得できます。

例:4人で遊んでいる場合

AとBは10の数字カードを出し、Cは9、Dは8のカードを出した。

この場合はAとBが一番大きなカードだが、打ち消しとなります。よって次に大きな数字カードを出したCがハゲタカカードを取得できます。

ハゲタカカードがマイナスの場合

ハゲタカカードがマイナスの場合(-1~-5)は、一番小さな数字カードを出した人が、そのマイナスのハゲタカカードを取るはめになります。

この時に一番小さな数字カードが2枚以上場に出た場合は、一番小さな数字カードを出した2人以上のプレイヤーは打ち消しとなります。そして、一番小さな数字カードの次に小さい数字カードを出したプレイヤーが、マイナスのハゲタカカードを取らなくてはなりません。

例:4人で遊んでいる場合

マイナスのハゲタカカードが中央に出て、各プレイヤーの数字カードが公開されました。

AとBとCは4の数字カードで、Dは6の数字カードでした。

この場合、AとBとCは打ち消しとなり、次に小さい数字カードを出した、Dがマイナスのハゲタカカードを取得することになります。

感想:簡単なルールなのに、非常に戦略性が高い

「ハゲタカのえじき」は一見、簡単そうなルールに見えますが、実際にプレイすると、非常に戦略性が高いゲームだということがわかります。

このゲームで一番考えなくてはならないことは、どの数字のハゲタカカードを取得するかです。プラスのハゲタカカードで一番大きい数字は10点なのですが、そのカードはみんな欲しがるので、数字カードも一番大きい15を出そうとします。

しかし、それを予想し、わざと15より少し小さなカードで、打消しを狙う人もいます。

うまくいけば、小さな数字カードでも高得点のハゲタカカードを手に入れることができます。相手の出した数字カードを覚えておくと後半に有利です。

慣れてくると、みんな打ち消しを警戒するので、単純に大きい数字カードを出せばいいとうわけではないことに気がつき、どのハゲタカカードを狙い、どんな数字カードを出すか、悩みまくることになります。

まとめ

何度も書きましたが、「ハゲタカのえじき」はルールは簡単ですが、非常に戦略性が高く、奥が深いゲームとなっています。

慣れてくると、様々な戦略が思いつくと思いますので、何回もやると非常に面白いです。

持ち運びも楽ですので、旅行先でも手軽に遊べます。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする