スポンサーリンク

手軽にできる心理戦ボードゲーム!「コヨーテ」レビュー


「コヨーテ」は簡単ながらも面白い心理戦が体験できるボードゲームです。足し算引き算ができれば遊べるので子供でも十分に遊べます。読み合いが白熱するゲームですが、意外性もあるので非常に盛り上がるボードゲームです。

基本情報

プレイ人数:2人~8人

プレイ時間:15分~30分

対象年齢:10歳以上

ゲームデザイナー:スパルタコ・アルベルタレッリ

デザイン・イラスト:TANSANFABRIK

「コヨーテ」はどんなゲーム?

コヨーテはカードを使った心理戦ゲームです。内容的にはトランプの「インディアンポーカー」に似ています。自分以外のカードを見ながら、全体の数を予想します。予想した数字よりもオーバーしてはいけません。相手の表情を読みながらゲームをしていきましょう。

ゲームの遊び方

ゲームの準備

各プレイヤーにライフカードを1枚ずつ配ります。

ライフカードは自身のライフとなります。カードに書かれている2体の人形は自分の身代わり人形です。身代わり人形は2体と自分自身がライフとなります。

つまり、ライフは合計3点です。

次にナンバーカードを全てシャッフルし、裏向きで1枚ずつ各プレイヤーに配ります。残ったカードは場の中央に山札として置いておきましょう。後は、適当な方法で先番を決めて、時計回りの順に進行します。

ゲームの流れ

配られた自分のナンバーカードは絶対に自分では見てはいけません。

「インディアンポーカー」のようにおでこのあたりに手で持ち、他のプレイヤーにみえるように持ちましょう。一番最初の手番のプレイヤーは、自分以外のプレイヤーのナンバーカードを見て、全体の合計となる数字を推理し、合計数を宣言します。

次の手番のプレイヤーは、前のプレイヤーの宣言した数が、実際にこの場全体のカードの数字の合計より少ないか大きいか判断します。

少ないと推理したならば、前のプレイヤーより大きな数字を宣言する必要があります。

反対に大きいと推理したならば、「コヨーテ!」と宣言して、ダウトをかけます。

「コヨーテ!」を宣言されたら、各プレイヤーは自分の持っているカードを自分を含む全てのプレイヤーに公開します。そして、実際の合計の数字を計算します。特殊カードは計算の後に適応させます。

*特殊カードは全部で4枚あり、基本カードの数字を2倍にするものや、場で一番大きい数字を「0」にしてしまうものもあります。特に「ほらあなカード」は、計算時に山札からカードを1枚引き、その数を合計数に加えるので、予想のつかないものとなっています。

「コヨーテ!」を宣言された数が全体の合計をオーバーしていた場合は、「コヨーテ!」を宣言したプレイヤーの勝利となります。ダウトを見破ったことになるからです。

「コヨーテ!」を宣言された数が全体の合計を下回っていた場合は、「コヨーテ!」を宣言したプレイヤーの敗北になります。

負けたプレイヤーはライフを1つ失います。ライフカードを使い、減らした後のライフを表示させます。

ライフの処理が終了したら、そのラウンドで使用したナンバーカードを捨て札として、山札とは別の場所に置いておきます。

そして山札から新たなナンバーカードを各プレイヤーは1枚引き、同じように自分には見えないようにおでこのあたりに持ちます。

負けたプレイヤーから先番になります。

ゲームの終了

3回負けてしまったプレイヤーは、そのゲームから脱落となります。

最後まで生き残ったプレイヤーが最終勝者となります。

特殊ルールについて

ゲームに慣れてきたら特殊ルールを付け加えると、よりゲームが面白くなります。

ゲームのはじめに仮面カードを各プレイヤーに1枚ずつ配ります。全プレイヤーは、自分の番に仮面カードを出すことで、6つの効果のうち、1つを使用することができます。

毎回の計算終了時に、仮面カードは使用したプレイヤーの手元に戻します。

① SAME(セイム)

→数も「コヨーテ」も宣言せず、自分の番をパスすることができます。しかし、次のプレイヤーも同じように「SAME」を使ってはいけません。

② DOUBLE(ダブル)

→数の宣言をした後に使用できる効果です。もし、次のプレイヤーが「コヨーテ!」を宣言して、自分が勝利したなら。負けたほうにライフを2つ削ることができます。

③ REVERSE(リバース)

→数を宣言する前に、順番を逆周りにします。

④ DRAW1(ドロー1)

→数を宣言した後に、他のプレイヤーを任意で1人選びます。選ばれたプレイヤーは追加でカードをもう1枚引いて、おでこのところで持ちます。

⑤ CHANGE(チェンジ)

→前のプレイヤーが宣言した数を変更し、新しい数を宣言させることができます。

⑥ SHOT(ショット)

→数を宣言した後に、次の手番のプレイヤーを任意に選択することができます。選択されたプレイヤーの手番が終了したら、そのプレイヤーから時計回りで手番がまわっていきます。

感想:読み合いが熱くて、意外性もあり!簡単ながらもかなり盛り上がれるボードゲーム!

簡単なブラフ系のゲームでは、上位に入ること間違いなしと感じたゲームでした。

プレイ人数の多さと手軽さもグッドなボードゲームです。

実際に遊んでみると、自分以外のカードは全て見えるので、全体の合計数はそれなりに推理しやすいです。僅差の勝負になることも多いでしょう。慣れたら嘘をついたり、ハッタリも使うようになるので、一層ゲームが楽しくなります。

さらに、特殊カードの存在がゲームを盛り上げます。この特殊カードがいい感じにゲームをかき乱してくれるので、マンネリ化しにくいです。

追加ルールも含めると、なお予想のつかないゲーム展開になっていくので、盛り上がるにはうってつけのボードゲームだと思います。

まとめ

「コヨーテ」は心理戦を楽しめるボードゲームとしては、手軽で大人数でも遊べるから非常に汎用性が高いゲームになっています。初心者でも安心して買ってよしのゲームです。ゲーム経験で大きく実力が分かれることもないので、どんな人にでもオススメできると思います。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする