スポンサーリンク

相手の嘘を見破り、コマを突き落とせ!ボードゲーム、チャオチャオ!レビュー


ルールはシンプルですが、とても盛り上がるゲーム、「チャオチャオ!」というボードゲームのレビューをしたいと思います。

「チャオチャオ!」とはイタリア語で「バイバイ」という意味だそうです。相手のコマを谷底に突き落とすゲームなので、シャレが効いてて面白いです。

基本情報

プレイ人数:2~4人

対象年齢:8歳以上

プレイ時間:25~30分

ゲームデザイナー:アレックス・ランドルフ

チャオチャオ!はどんなゲーム?

プレイヤーは奇妙な植物が多い茂るジャングルを探検する探検家です。探検家達は沼に架けられたつり橋を渡ろうとしています。

探検家は他の探検家に嘘をついても先に進む事ができます。一番最初に探検家を3人向こう岸に渡す事ができたプレイヤーが勝者となります。

ゲームの進行について

・ゲームの準備

ゲームの道具のセッティングとプレイヤーの色を決め、色ごとにコマを7個ずつ持ちます。

・自分の手番にすること

ゲームは時計回りの順番で進行します。

自分の手番になったらサイコロを筒に入れ、他のプレイヤーには見えないように、筒の中身を手で隠しながら振ります。

振ったら、サイコロは筒から出さずに自分だけがサイコロの目を確認します。

そして自分の好きな数字を宣言して、その数字分だけ向こう岸に向かってコマを進めます。

ここで他のプレイヤーによよって、自分の宣言した数字が嘘かどうかを判断されます。

他のプレイヤーが嘘の宣言をしなかったら、何事もなくコマを進め、次のプレイヤーにサイコロと筒を渡し、自分の手番は終了となります。

*補足

・サイコロは1~4までの目があり、他の面は「×」と表記されています。「×」が出たときは自分の好きな数字を宣言して、コマを進めるしかありません。

・同じ板(マス目)に複数のコマが乗っていても問題ありません。

・相手の手番にすること

サイコロを振って、確認した後、コマを進める数字を宣言します。この時他のプレイヤーは宣言をされたプレイヤーの数字が嘘かどうか判断をしなければいけません。

嘘でないと判断し、宣言をしないと相手のコマは、相手の宣言どおりの数字の分、先に進んでしまいます。

相手の宣言が嘘だと思ったら、「嘘だ!」と高らかに宣言をします。

嘘の宣言をしたら、筒の中のサイコロを全員で確認します。

筒の中のサイコロの目が、相手の宣言している数字と同じだったら、嘘だ、と宣言したプレイヤーの負けです。嘘の宣言をしたプレイヤーの橋を渡っているコマは谷底に突き落とされてしまいます。突き落としたら「チャオチャオ~」と大きな声で言います。

突き落とされたコマは二度と復帰することはできません。

逆に数字を宣言したプレイヤーの数字と筒の中のサイコロの目が違っていたら、嘘だ、と宣言をしたプレイヤーの勝ちです。数字を宣言したプレイヤーのコマを谷底に突き落としましょう。チャオチャオ~と言うのも忘れずに言います。

*補足

・谷底にコマを落とされたプレイヤーはすぐに新しい自分の色のコマを橋のスタート地点に置きます。

・手持ちのコマが全て失ってしまったら、そのプレイヤーは自分の手番は行うことはできませんが、相手の手番で「嘘だ」という宣言を行うことはできます。その場合ですと、手持ちのコマの代わりに自分がすでにゴールさせた自身のコマを賭けることになります。つまり、嘘の宣言で負けたら、ゴールしたコマが谷底に突き落とされてしまいます。

橋を渡りゴールしたら

・嘘を見抜かれず橋を渡りきってゴールしたら、渡りきったコマの順に数字が記載された場所にコマを置きます。(最初に渡りきったコマは①、2番めに渡りきったコマは②です)

ゲームの勝敗

ゲームの勝敗は次の2パターンがあります。

・先に3つのコマをゴールさせたプレイヤーが勝利します。3つのコマが渡りきったらその時点でゲームは終了です。

・誰も3つのコマをゴールさせられなかった場合は、ゴールしたコマに置かれている数字の合計で勝敗を決めます。

例えば、1番にゴールしたコマは1点のポイントとなります。

つまり、ゆっくりとゴールを目指したほうがこのゲームでは高得点を得る事ができます。

ゲームの感想

シンプルながらも、とても盛り上がることができるゲームです。「チャオチャオ~」と言わなければならないところもお茶目で面白いです。

振ったサイコロの目が数字だったら、素直にその数字を宣言すればノーリスクですが、問題は「×」の目が出てしまった場合です。この場合ですと、絶対に嘘をつく必要があります。相手に「嘘だ」と宣言されれば一瞬で谷底に突き落とされてしまいます。

橋の序盤はあまり「嘘だ」と宣言しませんが、中盤あたりから怪しくなってきます。しかし、何か決定的に嘘と判断できる材料は無いに等しいので、自分の直感だけが頼りとなります。

あまり積極的に「嘘だ」と宣言すると、自分のコマも谷底に落とされるリスクが増えますし、あまりにも消極的だと相手にあっという間にゴールされてしまいます。

どのタイミングで勝負をしかけるかがこのゲームでは重要です。

最後に

シンプルながらも盛り上がることができ、負けると思わず「もう一回!」と言いたくなるようなゲームです。

「チャオチャオ~」と言わなければならないあたり、遊び心が多く詰まったようなゲームだなぁと思いました。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする