スポンサーリンク

手軽にできるジレンマゲーム、「コロレット」レビュー


カードで手軽にジレンマゲームを体験できるボードゲーム、「コロレット」のレビューです。カラフルなカードを取ったり取られたりして、同じカードを集めて得点を競うゲームです。プレイヤー同士の駆け引きも面白いジレンマゲームです。

基本情報

プレイ人数:2人~5人

対象年齢:8歳以上

プレイ時間:約30分

ゲームデザイナー:ミヒャエル・シャハト

「コロレット」はどんなゲーム?

コロレットは同じ色のカードをたくさん集めることで得られる得点を競うゲームです。ポイントは4種類以上の色を集めたら、4種類目以降のカードは得点にならず、逆にマイナスになってしまうところです。できるだけ色の種類を少なくするところがこのゲームのミソです。

ゲームの手順

 ゲームの準備

各プレイヤーは得点チャートカードを1枚ずつ手元に置きます。

得点チャートは表と裏でレートが違いますが、初めてコロレットを遊ぶ場合は茶色のチャートを使用することが推奨されています。カード右側の数字が得点で、左側はカードの枚数です。

次に3人~5人で遊ぶ場合には、中央にプレイヤーと同じ人数分の列カードを並べます。

そして各プレイヤーは、それぞれ別の色のカード1色分のカラーカードを1枚取り、自分の前に表にして置きます。

*3人で遊ぶ場合は、1色のカラーカードすべてをゲームから取り除きます。

最後に最終ラウンドカードを除き、他のカードすべてを山札にしてシャッフルします。その後、山札から15枚を上から取り、その上に最終ラウンドカードを置きます。そして、そのカードの束を山札の一番下に入れます。あとはその山札を中央に置くだけです。

つまり、山札の下から16番目が最終ラウンドカードとなっていることになります。

ゲームの手順

自分の手番になったら、以下の2つのアクションから1つを選ばなくてはいけません。

①山札からカードを1枚引いて、列カードの隣に置く。

②場の列カードを取って、そのラウンドから抜ける

①は山札からカードを1枚引き、引いたカードを確認後、いずれかの列カードの隣に表向きで置きます。1枚の列カードの隣には、最大3枚までのカードを置く事ができます。すでに3枚のカードが置かれている場合は、それ以上その列にカードを置くことはできません。

*すべての列カードにカードが3枚置かれている場合は①のアクションをとることができず、②のアクションをしなくてはなりません。

②は任意の列カードと、その隣に置かれているすべてのカードをすべて取ります。場から取ったカードはすべて自分の手元に置きます。

しかし、取ることができる列は最低でも1枚以上列カードの隣にカードが置かれているものだけです。

すべてのプレイヤーが列を1つずつとったら、そのラウンドは終了です。

列カードをすべて中央に戻して並べ、次のラウンドは最後に列を取ったプレイヤーからはじめます。

特殊カードについて

+2カード

+2カードは色に関係なく1枚ごとにプラス2点を得られることができます。+2カードが自分の手元にきたら、カラーカードとは分けて置いておきましょう。

ジョーカーカード

ジョーカーカードは自分の手元にきたら、ゲーム終了時にどの色のカードか決定するかをきめることができます。他のカラーカードとは別にお置いておきましょう。

ゴールデンジョーカー

ゴールデンジョーカーが手元にきたら、すぐに山札からカードを1枚引き、他のカラーカードと同様に自分の手元に置きます。その後ゴールデンジョーカーは自分の手元に置いておき、ゲーム終了時に普通のジョーカーと同様に任意の色として扱うことができます。

ゲームの終了

最終ラウンドカードが山札から引かれたら、そのカードは脇に置いておき、代わりのカードを1枚めくります。そのラウンド終了がゲームの終了となります。

そのラウンドが終了し、ゲームが終了したら得点チャート表を元に獲得した得点の計算を行います。ジョーカーカードとゴールデンジョーカーは、この時にどの色にするのかを決めます。

得点となるのは3種類までのカラーカードと+2点のみで、4種類目以降のカラーカードは得点チャート表に基づいて減点となります。また、同じカラーカードは6枚までが加点対象であり、7枚目以降同じカラーカードを集めても6枚分の得点にしかなりません。

 例:茶色の得点チャートで以下の場合

緑カード6枚 赤カード4枚 青カード3枚 紫カード3枚 +2カード1枚 ジョーカー1枚

緑カードの点数→21点

赤カードの点数→15点(ジョーカーで赤カードが5枚となっている)

青カードの点数→6点

紫カードの点数→マイナス6点

+2カード→2点

合計 38点

以上のようになります。得点が一番多いプレイヤーが勝者です。

感想:欲しいカードが取れないジレンマが悩ましい!

コロレットは最終的に減点にならないようにできるだけカラーカードの種類を3枚までに抑えることが重要となります。しかし、これが中々に難しいです。カードが列に並んでいくと、自分にとって必要のないカードが必ず紛れ込むことがあります。どの列を取るのかは自分の持つカードとよく相談する必要があります。

また、カードを並べていくと、自分の欲しいカードと欲しくないカードが混ざったり、ジョーカーなどの貴重なカードは相手に取られてしまうことも多くあります。

あまり早くに決断して、カードを自分のものにしても獲得できるカードが少なくなってしまいます。しかし、あまりに待ちすぎると欲しいカードを逃してしまう場合も考えられます。

最初はなんとなくカードを置いたり取ったりしていけますが、中盤あたりからは相手の狙っているカードが分かりますので、列にカードを置く時もそのことに配慮する必要がでてきます。ゲームをしているうちに、狙ったカードが取られたり、不本意に相手に良いカードを渡してしまうこともあります。

選択の一つ一つが悩ましく感じられるジレンマ要素が強いゲームです。

まとめ

コロレットを実際に遊ぶと何から何まで悩ましいゲームであることがわかります。機運要素もありますが、それ以上にどの選択をするのかが本当に悩むことになり、そこがこのゲームの面白さだと思います。手軽にできるカードゲームですので、ぜひ遊んでみてください。

家具
をたこん

おまけ

同じような趣味を持ったパートナーに出会えたら素敵だと思いませんか?

最近、マンガやゲーム好きのいわゆるヲタク気質の方向けの婚活サービスができました。

初期費用がオール0円に加え、気になった人との合うのを希望するまで一切費用がかからないという特徴ももっています。

今まで周りに近い趣味の人がいなかったという人には絶好のサービスですので、まずはどんなサービスなのか、こちらからチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓

アニメ・ゲーム好きの異性と出会いたいなら【ヲタ婚】



スポンサーリンク
レンタグル大336
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする